Linux -> サーバ構築

リポジトリサーバ構築

サーバ構築

リポジトリデータベースの作成

ディレクトリ構成

/var/packages          * リポジトリルートディレクトリ
/var/packages/base     * base リポジトリ格納
/var/packages/server   * server リポジトリ格納

rpmパッケージの格納

パッケージを
/var/packages/base/*.rpm
/var/packages/server/*.rpm に格納する。

リポジトリデータベースの作成

# createrepo /var/packages/base
Spawning worker 0 with 30 pkgs
Workers Finished
Gathering worker results

Saving Primary metadata
Saving file lists metadata
Saving other metadata
Generating sqlite DBs
Sqlite DBs complete
#

/var/packages/server も同様に、

管理用ディレクトリ /var/packages/base/repodata が作成される。

リポジトリへのアクセス設定
リポジトリへのアクセスは http , file , ftp が可能。

今回はhttpを使うので httpd サーバの設定をする。

/etc/httpd/conf/httpd.confを編集

  DocumentRoot "/var/packages"   * レポジトリルートディレクトリを指定

  * ブラウザでアクセスした時 rpm のリストを表示させる設定
  Options Index FollowSymLinks    * 表示させる
  Options -Index FollowSymLinks   * 表示させない


# chkconfig httpd on     * 起動時on 

# service httpd start    * httpd 起動

クライアント設定

レポジトリ参照先指定

/etc/yum.repos.d/

   test.repoファイルを作成し以下のように記述
   
     [base-repo]  * /var/packages/base レポジトリ参照設定
     name=base-repo
     baseurl=http://192.168.10.10/base
     enabled=1
     gpgcheck=0

     [server-repo]  * /var/packages/server レポジトリ参照設定
     name=server-repo
     baseurl=http://192.168.10.10/server
     enabled=1
     gpgcheck=0


*参照先を確認する。
# yum repolist all 
Loaded plugins: product-id, refresh-packagekit, security, subscription-manager
Updating certificate-based repositories.
repo id         repo name                                            status
base-repo       base-repo                                            enabled: 822
server-repo     base-repo                                            enabled: 1,092
rhel-source     Red Hat Enterprise Linux 6Server - x86_64 - Source   disabled
#

base-repo と server-repo が有効になっている。

有効・無効は test.repo ファイルの enabled=1(有効) / enabled=0(無効)で切り替える

または

# yum-config-manager --enablerepo=
# yum-config-manager --disablerepo=

で切り替える。
このコマンドで enabled=0/1が上書きされるので直接ファイルを書き換えても同じこと。


* プラグインの無効化

初期設定済みの rhel-source は disabled にしていても プラグイン が有効に
なっていると参照してしまうので。
参照させたくない場合は プラグインを無効化させる。


/etc/yum/pluginconf.d/rhnpugin.conf
enabled = 0 (無効化)



* 以下のプラグインはプラグイン全体を無効化してしまう。
プラグイン全体の無効化は推奨されていないのでやめたほうがよい。 
/etc/yum.conf
   plugins=0


* キャッシュのクリア

# yum clean all

Loaded plugins: product-id, refresh-packagekit, security, subscription-manager
Updating certificate-based repositories.
Cleaning repos: xxxxx
Cleaning up Everything

#

* パッケージの参照

# yum list


      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google