仮想化 -> VMware

共有ディスクの作成

概要

ゲストOSから共有できるディスクを作成する。
初期値の設定では、ファイルのキャッシュ機能及びロック機能が有効になっているので、
リアルタイムでの更新が反映されない。
その機能を無効にした設定についても記述する。

共有ディスクの作成

今回は Solaris10 での共有ディスクの作成を行う。

まず、ファイルのキャッシュ機能及びロック機能を無効にする設定を行う。

エクスプローラで *.vmx ファイルをエディタで編集する。 ( Virtual Machines/Solaris 10/Solaris 10.vmx )
以下の記述をファイルに追記して保存する
  disk.locking = "false"
  diskLib.dataCacheMaxSize = "0"
  diskLib.dataCacheMaxReadAheadSize = "0"
  diskLib.dataCacheMinReadAheadSize = "0"
  diskLib.dataCachePageSize = "4096"
  diskLib.maxUnsyncedWrites = "0"

以下の順に設定作業をする

・Add (追加)を押す


・HardDiskを選択


・Create a new virtual disk を選択


・SCSIを選択


・新規で作成するので Allocate all disk space nowをチェックし、
  Disk size を入力する。
  今回は Disk に余裕がないので^_^;最小値の 0.1GB (100MB)を入力。


・ディスクのWindows上でのファイル名を入力。拡張子は自動でつけてくれる。


・追加された SCSIディスク。v^.^v


・エクスプローラで見たファイル名


Solarisでの設定作業


最初にOSを起動後、追加した共有ディスクを認識させる為に
デバイスの再構築を行う為に以下のコマンドを実行する。

デバイスの再構成
# reboot -- -r
  または、
/reconfigure ファイルを作成後、init 6
再起動後パーティション、ファイルシステムの作成
 format コマンドでディスクが2つ表示されれば OK
 * 1 c2t0d0 が追加したファイル

# format
Searching for disks...done
AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c0d0 
          /pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@0/cmdk@0,0
       1. c2t0d0 
          /pci@0,0/pci1000,30@10/sd@0,0
Specify disk (enter its number): 

    パーティション作成

format> fdisk
No fdisk table exists. The default partition for the disk is:

  a 100% "SOLARIS System" partition

Type "y" to accept the default partition,  otherwise type "n" to edit the
 partition table.
y
format> p

partition> 0
Part      Tag    Flag     Cylinders      Size            Blocks
  0 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0

Enter partition id tag[unassigned]:
Enter partition permission flags[wm]:
Enter new starting cyl[0]:
Enter partition size[0b, 0c, 0e, 0.00mb, 0.00gb]: 99c
partition> p
Current partition table (unnamed):
Total disk cylinders available: 99 + 2 (reserved cylinders)

Part      Tag    Flag     Cylinders      Size            Blocks
  0 unassigned    wm       0 - 98       99.00MB    (99/0/0)  202752
  1 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  2     backup    wu       0 - 99      100.00MB    (100/0/0) 204800
  3 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  4 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  5 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  6 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  7 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0
  8       boot    wu       0 -  0        1.00MB    (1/0/0)     2048
  9 unassigned    wm       0             0         (0/0/0)        0

partition> label
Ready to label disk, continue? yes

partition> q

    ファイルシステム作成
#
# newfs /dev/rdsk/c2t0d0s0
newfs: 新しいファイルシステム /dev/rdsk/c2t0d0s0 を作成しますか: (y/n)? y
/dev/rdsk/c2t0d0s0:     全セクター数: 202752  (シリンダ数: 99、トラック数: 64、セクター数: 32)
        99.0MB、7 シリンダグループ (16 c/g, 16.00MB/g, 7680 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
 32, 32832, 65632, 98432, 131232, 164032, 196832,

    ファイルシステム作成後のチェック

sol01# fsck /dev/rdsk/c2t0d0s0
** /dev/rdsk/c2t0d0s0
** Last Mounted on
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3a - Check Connectivity
** Phase 3b - Verify Shadows/ACLs
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cylinder Groups
2 files, 9 used, 94518 free (14 frags, 11813 blocks, 0.0% fragmentation)
#

     /www にマウント

# mount /dev/dsk/c2t0d0s0 /www
# df -k /www
ファイルシステム      kbytes 使用済み 使用可能 容量      マウント先
/dev/dsk/c2t0d0s0      94527    1041   84034     2%    /www
#
# ls -l /www
drwx------   2 root     root        8192  5月 24日  13:59 lost+found
#

     再起動後にマウントするように vfstab の編集。以下の行を追加。
/dev/dsk/c2d0s0 /dev/rdsk/c2d0s0        /www ufs     2       yes     -

別のゲストOSから共有ディスクを使用する

・新規に追加する時と同じ手順で追加するが、
 ディスク選択時に、先ほどは Create (新規)を選択したが
 既にあるディスクを共有する場合は 以下を選択する。

・Use an existing virtual disk を選択


・画面の指示に従って Diskの選択時に以下を選択する。


      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google