仮想化 -> VMware

ゲストOSとして Fedora core 4 をインストールする(設定編)

インストール設定

VMware Server Consoleを起動する。

[File]-[New]-[Virtual Machine]を選択する。


次へをクリック


Typical を選択


インストールするOSを選択する。
FedoraCoreはないので、Other Linux 2.6x kernel を選択する。


Virtual machine name を FedoraCore4に変更し、インストールディレクトリ
を確認する。


ネットワーク構成を選択する。
ホストOSとゲストOSを同じセグメントにするので、ブリッジネットワーク構成
User bridged networkingを選択する。


ゲストOS用のディスクスペースを指定する。
今回は 4.0GBを確保する。


セットアップ完了後以下の画面が表示される。


インストール環境の変更を行う

Commandosの Edit virtual machine settings をクリックし以下の画面を起動する。


メモリ容量を 256MB→384MBに変更する。

インストールディスクはホストのCDを使用するのでそのままでよい。


設定後のメニュー画面


メニューの再生ボタンを押すとインストールが開始する。

先頭へ

次へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google