JAVA -> Weblogic

管理対象サーバ起動

管理対象サーバ概要

デプロイされたアプリケーションを実行する WebLogic Server インスタンスである。。
そのすべてのコンフィグレーションおよびデプロイメント情報について管理サーバを参照する。
プロダクション環境では管理対象サーバを使用してアプリケーションを実行する。

管理対象サーバの起動方法
・起動スクリプトによる起動
  ドメインディレクトリに作成されるstartManagedWebLogic.sh)を実行
   java コマンドで weblogic.Server クラスを呼び出す方法。
  startManagedWeblogic.sh {管理対象サーバ} {管理サーバURL}
  例) startManagedWeblogic.sh wls_tk01 http://tk01:7001
  * 管理サーバURL のポート番号は管理対象サーバのではなく管理サーバのポート番号を指定する。

・ノードマネージャーによる起動

スクリプトによる管理対象サーバ起動

管理サーバ起動スクリプトの実行

                                   ドメイン配下へ移動
webservd$ cd /opt/bea/user_projects/domains/base_domain
webservd$ ls -l ./startManagedWebLogic.sh
-rwxr-xr-x 1 webservd webservd  3041 2010-01-07 18:29 startManagedWebLogic.sh

このファイルを編集し 変数にユーザIDとパスワードを記述する
WLS_USER="admin"
WLS_PW="admin9999"

管理対象サーバを起動
パラメータ1: 管理対象サーバ名
パラメータ2: 管理サーバアクセスURL:ポート番号

webservd$ ./startWebLogic.sh wls_tk01 http://tk01:7001 &
.
.
JAVA Memory arguments: -Xms256m -Xmx512m
.
WLS Start Mode=Production
.
CLASSPATH=:/opt/bea/patch_wls1002/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar
     :/opt/bea/patch_cie640/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar
     :/opt/bea/jrockit_150_15/lib/tools.jar
     :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic_sp.jar
     :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic.jar
     :/opt/bea/modules/features/weblogic.server.modules_10.0.2.0.jar
     :/opt/bea/modules/features/com.bea.cie.common-plugin.launch_2.1.2.0.jar
     :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/webservices.jar
     :/opt/bea/modules/org.apache.ant_1.6.5/lib/ant-all.jar
     :/opt/bea/modules/net.sf.antcontrib_1.0b2.0/lib/ant-contrib.jar
     :
     :/opt/bea/wlserver_10.0/common/eval/pointbase/lib/pbclient51.jar
     :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/xqrl.jar::
.
PATH=/opt/bea/wlserver_10.0/server/bin
    :/opt/bea/modules/org.apache.ant_1.6.5/bin
    :/opt/bea/jrockit_150_15/jre/bin
    :/opt/bea/jrockit_150_15/bin
    :/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games
.
***************************************************
*  To start WebLogic Server, use a username and   *
*  password assigned to an admin-level user.  For *
*  server administration, use the WebLogic Server *
*  console at http://hostname:port/console        *
***************************************************
starting weblogic with Java version:
java version "1.5.0_15"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_15-b04)
BEA JRockit(R) (build R27.6.1-20-104573-1.5.0_15-20081016-1236-linux-ia32, compiled mode)
Starting WLS with line:
/opt/bea/jrockit_150_15/bin/java -jrockit   
       -Xms256m -Xmx512m   -da 
       -Dplatform.home=/opt/bea/wlserver_10.0 
       -Dwls.home=/opt/bea/wlserver_10.0/server 
       -Dweblogic.home=/opt/bea/wlserver_10.0/server 
       -Dwli.home=  
       -Dweblogic.management.discover=false 
       -Dweblogic.management.server=http://tk01:7001  
       -Dwlw.iterativeDev=false -Dwlw.testConsole=false 
       -Dwlw.logErrorsToConsole= 
       -Dweblogic.ext.dirs=/opt/bea/patch_wls1002/profiles/default/sysext_manifest_classpath:/opt/bea/patch_cie640/profiles/default/sysext_manifest_classpath 
       -Dweblogic.security.providers.authentication.LDAPDelegatePoolSize=50 
       -Dweblogic.management.username=admin 
       -Dweblogic.management.password=admin9999 
       -Dweblogic.Name=wls_tk01 
       -Djava.security.policy=/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic.policy   weblogic.Server
<2010/01/07 18時34分35秒 GMT+09:00>    <次の拡張子ディレクトリの内容がクラスパスの後ろに追加されました :
/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/beehive_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/beehive_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/beehive_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/beehive_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/p13n_wls_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/p13n_wls_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/p13n_wls_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/p13n_wls_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/testclient_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/testclient_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/testclient_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/testclient_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/tuxedocontrol_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/tuxedocontrol_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/tuxedocontrol_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/tuxedocontrol_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/wlp_wls_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/wlp_wls_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/wlp_wls_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/wlp_wls_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/workshop_ja.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/workshop_ko.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/workshop_zh_CN.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/L10N/workshop_zh_TW.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/p13n/p13n-schemas.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/p13n/p13n_common.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/p13n/p13n_system.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/p13n/wlp_services.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/wlp/netuix_common.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/wlp/netuix_schemas.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/wlp/netuix_system.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/wlp/wsrp-client.jar
       :/opt/bea/wlserver_10.0/platform/lib/wlp/wsrp-common.jar>
<2010/01/07 18時34分36秒 GMT+09:00>    
<2010/01/07 18時34分37秒 GMT+09:00>    <バージョン: WebLogic Server 10.0 MP2  Wed Apr 29 02:26:47 EDT 2009 1213942 >
<2010/01/07 18時34分38秒 GMT+09:00>    <ロードされたライセンス : /opt/bea/license.bea>
<2010/01/07 18時34分38秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が STARTING に変化しました。>
<2010/01/07 18時34分38秒 GMT+09:00>    <自動チューニング スレッド プールを初期化しています。>
<2010/01/07 18時34分38秒 GMT+09:00>    <サーバ ログ ファイル /opt/bea/user_projects/domains/base_domain/servers/wls_tk01/logs/wls_tk01.log を開きました。すべてのサーバサイド ログ イベントはこのファイルに書き込まれます。>
<2010/01/07 18時47分50秒 GMT+09:00>    <セキュリティはセキュリティ レルム myrealm を使用して初期化しています。>
<2010/01/07 18時47分59秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が STANDBY に変化しました。>
<2010/01/07 18時47分59秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が STARTING に変化しました。>
<2010/01/07 18時48分00秒 GMT+09:00>    <サーバはドメイン ログ ブロードキャスタを正常に初期化しました。ログ メッセージがドメイン ログにブロードキャストされます。>
<2010/01/07 18時48分01秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が ADMIN に変化しました。>
<2010/01/07 18時48分01秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が RESUMING に変化しました。>
<2010/01/07 18時48分02秒 GMT+09:00>    <チャネル "Default" は、現在 192.168.234.123:7101 でプロトコル iiop, t3, ldap, snmp, http をリスンしています。>
<2010/01/07 18時48分02秒 GMT+09:00>    <ドメイン "base_domain" で WebLogic 管理対象サーバ "wls_tk01" をプロダクション モードで起動しました。>
<2010/01/07 18時48分02秒 GMT+09:00>    <サーバはドメイン ログ ブロードキャスタを正常に初期化しました。ログ メッセージがドメイン ログにブロードキャストされます。>
<2010/01/07 18時48分06秒 GMT+09:00>    <サーバ状態が RUNNING に変化しました。>
<2010/01/07 18時48分06秒 GMT+09:00>    <サーバが RUNNING モードで起動しました。>
管理サーバコンソールアクセスポートの確認
ポート番号 7101 が LISTEN になっていればOK 
$ netstat -an | grep 7101
tcp6       0      0 192.168.234.123:7101    :::*                    LISTEN
$
管理対象サーバ起動確認


サーバの状態を確認するコマンド


# java -cp /opt/bea/wls_server_10.0/server/lib/weblogic.jar weblogic.Admin \
       -url http://localhost:7001 -username admin -password pass GETSTATE wls_host01

Current state of "wls_host01" : RUNNING
#


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google