JAVA -> Weblogic


ノードマネージャー

マシン設定のNode Manager確認

マシンをクリックし、Node Manager タブをクリックする。設定値はデフォルトを使用


スクリプトによるノードマネージャーの起動
$ pwd
/opt/bea/wlserver_10.0/server/bin
$ ./startNodeManager.sh &  コマンドを実行
$ + CLASSPATH=/opt/bea/patch_wls1002/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar
    :/opt/bea/patch_cie640/profiles/default/sys_manifest_classpath/weblogic_patch.jar
    :/opt/bea/jrockit_150_15/lib/tools.jar:/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic_sp.jar
    :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic.jar
    :/opt/bea/modules/features/weblogic.server.modules_10.0.2.0.jar
    :/opt/bea/modules/features/com.bea.cie.common-plugin.launch_2.1.2.0.jar
    :/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/webservices.jar
    :/opt/bea/modules/org.apache.ant_1.6.5/lib/ant-all.jar
    :/opt/bea/modules/net.sf.antcontrib_1.0b2.0/lib/ant-contrib.jar
    :
    :/opt/bea
+ export CLASSPATH
+ export PATH
+ cd /opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager
+ set -x
+ [  !=  ]
+ [  !=  ]
+ /opt/bea/jrockit_150_15/bin/java
     -jrockit -Xms128m -Xmx256m -Xverify:none
     -Djava.security.policy=/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/weblogic.policy
     -Dweblogic.nodemanager.javaHome=/opt/bea/jrockit_150_15
     weblogic.NodeManager -v
<2010/01/13 16:48:39> <INFO> 
       <Loading domains file: /opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager/nodemanager.domains>
<2010/01/13 16:48:42> <INFO> <Loading identity key store: 
       FileName=/opt/bea/wlserver_10.0/server/lib/DemoIdentity.jks, Type=jks, PassPhraseUsed=true>
<2010/01/13 16:48:42> <WARNING> 
       <Node manager configuration properties file
           '/opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager/nodemanager.properties' not found.
           Using default settings.>
<2010/01/13 16:48:42> <Info> 
       <Saving node manager configuration properties to
       '/opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager/nodemanager.properties">
Node manager v10.0.2.0

Configuration settings:

NodeManagerHome=/opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager
ListenAddress=
ListenPort=5556
ListenBacklog=50
SecureListener=true
AuthenticationEnabled=true
NativeVersionEnabled=true
CrashRecoveryEnabled=false
JavaHome=/opt/bea/jrockit_150_15/jre
StartScriptEnabled=false
StopScriptEnabled=false
StartScriptName=startWebLogic.sh
StopScriptName=
LogFile=/opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager/nodemanager.log
LogLevel=INFO
LogLimit=0
LogCount=1
LogAppend=true
LogToStderr=true
LogFormatter=weblogic.nodemanager.server.LogFormatter
DomainsFile=/opt/bea/wlserver_10.0/common/nodemanager/nodemanager.domains
DomainsFileEnabled=true
StateCheckInterval=500

Domain name mappings:

base_domain -> /opt/bea/user_projects/domains/base_domain

<2010/01/13 16:48:43> <INFO> <Secure socket listener started on port 5556>

$
ポート番号 5556 が LISTEN になっているか確認する。
$ netstat -an | grep 5556
tcp6       0      0 :::5556                 :::*                    LISTEN
$

管理コンソールから管理対象サーバを起動する

管理対象サーバ wls_tk01 を選択し、制御タブをクリックする。そして起動ボタンをクリックする。


はいをクリック


状態が STARTING になっていればOK


しばらくしてから状態を確認し、RUNNING になっていれば起動は成功。




先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google