JAVA -> Weblogic

Apacheプラグイン設定

モジュールの配置

手順

OS を確認する。(Linux:ubuntu)
# uname -a
Linux ubuntu-vm 2.6.24-24-generic #1 SMP Wed Apr 15 15:54:25 UTC 2009 i686 GNU/Linux
#

Apacheのバージョンを確認する。Debian系のパッケージ管理コマンド dpkg
# dpkg -l | grep apache2
ii  apache2                  2.2.8-1ubuntu0.5    Next generation, scalable, extendable web se
ii  apache2-mpm-prefork      2.2.8-1ubuntu0.5    Traditional model for Apache HTTPD
ii  apache2-utils            2.2.8-1ubuntu0.5    utility programs for webservers
ii  apache2.2-common         2.2.8-1ubuntu0.5    Next generation, scalable, extendable web se
ii  libapache2-mod-php5      5.2.4-2ubuntu5.6    server-side, HTML-embedded scripting languag
ii  libapache2-mod-ruby      1.2.6-1.2           Embedding Ruby in the Apache2 web server
#

WebLogic の Apache 2.2 用プラグイン を確認
# ls -l /opt/bea/wlserver_10.0/server/plugin/linux/i686
total 6556
drwxr-xr-x 2 webservd webservd    4096 Jan  7 10:32 largefile
-rw-r--r-- 1 webservd webservd  929481 Jan  7 10:32 libproxy128_61.so
-rw-r--r-- 1 webservd webservd  929481 Jan  7 10:32 libproxy_61.so
-rw-r--r-- 1 webservd webservd 1203957 Jan  7 10:32 mod_wl128_20.so
-rw-r--r-- 1 webservd webservd 1206985 Jan  7 10:32 mod_wl128_22.so
-rw-r--r-- 1 webservd webservd 1203957 Jan  7 10:32 mod_wl_20.so
-rw-r--r-- 1 webservd webservd 1206985 Jan  7 10:32 mod_wl_22.so これを使用する
#

Apacheのディレクトリへコピー
# cd /opt/bea/wlserver_10.0/server/plugin/linux/i686
# cp -p mod_wl_22.so /usr/lib/apache2/modules/.

他のモジュールとOwner Groupをあわせておく
# chown root:root /usr/lib/apache2/modules/mod_wl_22.so

httpd.conf の設定

Weblogic Plugin モジュールの指定

通常の apache は以下の行を httpd.conf に追加するだけでよい、が、
LoadModule weblogic_module /usr/lib/apache2/modules/mod_wl_22.so

今回は Ubuntu Linux なので 以下の手順を実施

Webloigcモジュール設定用のファイルを /etc/apache2/mods-available ディレクトリに作成する。
ファイル名 weblogic.load に
LoadModule weblogic_module /usr/lib/apache2/modules/mod_wl_22.so を記述する

/etc/apache2/mods-available ディレクトリに置いてもみてくれないので、
/etc/apache2/mods-enabled からシンボリックリンクをはるコマンドを実行する。

拡張子を付けるとエラーになるので付けない。
# a2enmod weblogic
Module weblogic installed; run /etc/init.d/apache2 force-reload to enable.
#

mods-enabled の下にリンクがはられたことを確認
# ls -l mods-enabled/weblogic.load
lrwxrwxrwx 1 root root 31 Jan 14 16:29
                       mods-enabled/weblogic.load -> ../mods-available/weblogic.load
#


そして /etc/apache2/apache2.conf (ubuntu以外はhttpd.conf) に以下の行を追加する

<Location "/console">
  SetHandler weblogic-handler
  WeblogicHost 192.168.234.123
  WeblogicPort 7001
  Options None
  Order deny,allow
</Location>


http://192.168.234.123/console にアクセスすると 
Apache 経由で WebLogic 管理サーバコンソールにアクセスできる。

再起動、アクセス確認

手順

Apache, WebLogicを停止する。

Apache を起動する
# /etc/init.d/apche2 start
#

WebLogic 管理サーバを起動する。
# su - webservd
$ /opt/bea/user_projects/domains/base_domain/startWebLogic.sh &
$
アクセスできるか確認 http://192.168.234.123/console




先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google