仮想化 -> vCenter

Windowsサーバクローン作成後の手順


(1) IPアドレスの変更
   ・コピー元のサーバを停止できる場合はそのまま起動
   ・停止できない場合そのまま起動するとIPが重複してしまうので、
     ネットワークデバイスの設定でパワーオン時に接続のチェックを外す

(2) sysprep
   ・SID(Security ID) が元のマシンのままなのでこれを変更するのに
     sysprep を実行する。

    UUID は c:\ whoami /user で確認できる。

   sysprepの起動
   C:\windows\system32\sysprep\sysprep.exe

   

   自動で再起動

(4) コンピュータ名の変更

(3) 元のマシンがドメイン参加していた場合
   ドメインから外れているので再度ドメイン参加する

















      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google