Solaris -> Solaris8 -> ネットワーク

IPネットワークマルチパスの設定

概要

通常時の ifconfig -a の表示内容
hme0: flags=9000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPV4> mtu 1500 index 2
     inet 192.168.0.1 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255 groupname test
hme0:1: flags=9000843 mtu 1500
     index 2 inet 192.168.0.11 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255
hme1: flags=9000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPV4> mtu 1500 index 2
     inet 192.168.0.2 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255 groupname test
hme1:1: flags=9000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,DEPRECATED,IPV4,NOFAILOVER> mtu 1500
     index 2 inet 192.168.0.12 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255
192.168.0.11 は hme0 の検査用IP
192.168.0.12 は hme1 の検査用IP
障害検出後、切り替わった後の ifconfig -a の内容。
IP:192.168.0.1 が hme0 -> hme1:2 に切り替わっている。
hme0: flags=19000842 mtu 0 index 2
        inet 0.0.0.0 netmask 0 groupname tes
hme0:1: flags=19040843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,DEPRECATED,IPV4,NOFAILOVER,FAILED>
        mtu 1500 index 2 inet 192.168.0.11 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255
hme1: flags=9000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IFPV4> mtu 1500 index 2
        inet 192.168.0.2 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255 groupname test
hme1:1: flags=9000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,DEPRECATED,IPV4,NOFAILOVER> mtu 1500
        index 2 inet 192.168.0.12 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255
hme1:2: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPV4> mtu 1500 index 6
        inet 192.168.0.1 netmask ffffff00 broadcast 192.168.0.255
障害検出メッセージ
Oct 21 12:38:40 server01 in.mpathd[209]: [ID xx daemon.error]
                                         NIC failure detected on hme0 of group test
Oct 21 12:38:40 server01 in.mpathd[209]: [ID xx daemon.error] 
                                         Successfully failed over from NIC hme0 to NIC hme1
障害復旧メッセージ
Oct 21 12:42:44 server01 hme: [ID 7860 kern.notice] SUNW,hme0 : Internal Transceiver Selected.
Oct 21 12:42:44 server01 hme: [ID 7860 kern.notice] SUNW,hme0 :   100 Mbps Full-Duplex Link Up

設定

ネットワークアダプタに固有の MAC アドレスが必要。

openboot PROM で以下の設定を確認。
 ok> local-mac-address true

インターフェイスのグループ化

今回の場合, hme0 と hme1 を同じグループに登録する。
# ifconfig hme0 group testgrp
# ifconfig hme1 group testgrp

検査用アドレスの設定 (障害・回復を検査するためのIPアドレス)

# ifconfig hme0 addif 192.168.0.11 netmask + broadcast + -failover deprecated up
# ifconfig hme1 addif 192.168.0.12 netmask + broadcast + -failover deprecated up
* hme1 を待機インターフェイスとして構成する場合は検査用IPのみ設定する。
# ifconfig hme1 plumb 192.168.0.12 netmask + broadcast + deprecated -failover standby up	

再起動後にも構成を有効にしたい場合は、ファイルに以下の記述をする。

/etc/hostname.hme0
192.168.0.1 netmask + broadcast + group test up addif 192.168.0.11
deprecated -failover netmask + broadcast + up
※ 1行で記述する
/etc/hostname.hme1
192.168.0.2 netmask + broadcast + group test up addif 192.168.0.12
deprecated -failover netmask + broadcast + up
※ 1行で記述する

hme1 を待機インターフェイスとして構成する場合の記述

/etc/hostname.hme1
192.168.0.2 netmask + broadcast + deprecated + group test -failover standby up 
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google