Solaris -> Veritas

Veritas Cluster

VCS設定

サービスグループとリソースを定義
main.cf

リソースタイプを定義
types.cf

VCS起動

起動スクリプト
/etc/init.d/vcs
/etc/rc3.d/S99vcs

ユーザ管理

ユーザの表示
# hauser -list

ユーザ権限の表示
# hauser -dilplay

クラスタ操作

システム全体の操作


バージョンの表示
# /opt/VRTSvcs/bin/had -version
Engine Version   x.x
Join Version     x.x.x
Build Date       xxxxxxxxxx
PSTAMP           xxxxxxxxxxx


システムの属性値を表示
  Option: hasys -value {system} {attlibute}
# hasys -value host01 SysState
RUNNING
#

システムの状態を表示
# hasys -state
#System  Attribute  Value
host01   SysState   RUNNING
host02   SysState   RUNNING


システムに関する情報を表示
# hasys -display
System Attlibute  Value

システムのリストを表示
# hasys -list
host01
host02
#

更新系


システムをフリーズする(オン・オフライン、切替を禁止
  Option: hasys -freeze [-persistent] * 再起動後もフリーズ状態を維持
                        [-evacuate]   * フリーズを有効にする前にFailOverする
                        {system}
# hasys -freeze host01

システムのフリーズを解除する
  Option: hasys -unfreeze [-persistent] {system}
# hasys -unfreeze host01

リソースグループ全体の操作 hagrp


リソースグループの属性値を表示
  Option: hagrp -value {ServiceGroup} {Attlibute} [system]
# hagrp -value sv00-ap State
RUNNING
#


サービスグループの状態を表示
  Option: hagrp -state [service-group] [-sys host]
# hagrp -state
sv00-ap  State     host01   |ONLINE|
sv00-ap  State     host02   |OFFLINE|
#


サービスグループの情報を全てを表示
# hagrp -display
Group Attribute System Value


クラスタ内のサービスグループを表示
# hagrp -list
sv00-ap  host01
sv00-ap  host02
#

サービスグループのリソースを表示
# hagrp -resources sv00-ap

サービスグループの依存関係を表示
# hagrp -dep [ServiceGroup]


更新系

ホスト(host02)へリソースグループ(sv00-ap)を切り替える場合
host01# hagrp -switch sv00-ap -to host02
リソースグループのフリーズ/フリーズ解除
リソースグループのフリーズ/フリーズ解除を行う。

リソース管理下にあるプロセスをクラスタ操作ではなく直接停止すると
クラスタフェイルオーバーが発生する。
一時的な試験でプロセスを停止させたい場合は、クラスタリソースグループを
フリーズさせると、プロセスを停止してもフェイルオーバーは発生しない。

# hagrp -freeze ap00-sg    * サービスグループ(ap00-sg) フリーズ

# hagrp -unfreeze ap00-sg  * フリーズ解除


フリーズ状態の確認方法

# hastatus -sum

-- SYSTEM STATE
-- System        State       Frozen

A  host01        RUNNING     0
A  host02        RUNNING     0

-- GROUP STATE
-- Group    System       Probed   AutoDisabled   State

B  ap00-sg  host01       Y        N              ONLINE
B  ap00-sg  host02       Y        N              OFFLINE
 * フリーズ状態の情報
-- GROUPS FROZEN
-- Group

-- RESOURCES DISABLED
-- Gropu        Type         Resource

H  ap00-sg      DiskGroup    ap00-DiskGroup-sharedg
H  ap00-sg      IPMultiNICB  ap00-IPMUltiNICB-s
H  ap00-sg      Application  ap00-Oracle
H  ap00-sg      Application  ap00-Netlsnr

個々のリソースの操作 hares


リソースの属性値を表示
  Option: hares -value {Resource} {Attribute} [system]
# hares -value sv00-Application State
ONLINE
#

リソースの状態を表示
  Option: hares -state [Resource] [-sys host]
# hares -state
sv00-Application  State  sv01  ONLINE
sv00-Application  State  sv02  OFFLINE
sv00-Diskgroup    State  sv01  ONLINE
sv00-Diskgroup    State  sv02  OFFLINE
sv00-Mount        State  sv01  ONLINE
sv00-Mount        State  sv02  OFFLINE
#

リソースの情報を全て表示
  Option: hares -display [Resource]
                 [-attribute Attribute]
                 [-group ServiceGroup]
                 [-type Type]
                 [-sys System]

# hares -display sv00-Application -sys host01

リソースのリストを表示
# hares list
sv00-Application  host01
sv00-Application  host02
sv00-Diskgroup    host01
sv00-Diskgroup    host02
sv00-Mount        host01
sv00-Mount        host02

リソースの依存関係を表示
# hares -dep [Resource]

リソースタイプを表示
# hatype -list

特定のリソースタイプを表示
# hatype -resource NF

更新系


リソースのオンライン
  Option: hares -online {Resource} -sys {System}
# hares -online sv00-Application -sys host01


リソースのオフライン
  Option: hares -offline [-ignoreparent] {Resource} -sys {System}
# hares -offline sv00-Application -sys host01


リソースのクリア FAULTED⇒OFFLINE 障害時のFailOver後に実施
  Option: hares -clear {Resource} [-sys System] 
# hares -clear sv00-ap -sys host02

ログファイル


クラスタのメッセージはエンジンログとエージェントログの2つのファイルに出力される

・エンジンログ
  /var/VRTSvcs/log/engine_A.log

・エージェントログ
  /var/VRTSvcs/log/[AgentName]_A.log


・ログのローテーション確認コマンド
# /opt/VRTS/bin/halog -info
Log on host01:
   path = /var/VRTSvcs/log/engine_A.log
   maxsize = 51200000 bytes
   tags = 
   flushtags =

・サイズを変更する場合
# haconf -makerw
# haclus -modify LogSize 25600000



      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google