Solaris -> Solaris10 -> システム管理

プリンタの管理

プリンタサービス(SVC)の管理


現在の状態を確認する。この場合 disableになっている
                    FMRI は省略形の print/server だけでもOK

# svcs svc:/application/print/server
STATE          STIME    FMRI
disabled       14:32:52 svc:/application/print/server:default
#


プリントサービスを有効にする

# svcadm -v enable svc:/application/print/server
svc:/application/print/server:default が有効になりました。
#
# ps -ef | grep lp
 root   868    1  0 14:35:14 ? 0:00 /usr/lib/lp/local/lpsched
   lp   872  871  0 14:35:14 ? 0:00 /usr/apache/bin/httpd -f 
                                             /etc/apache/httpd-standalone-ipp.conf
#

 svcs コマンドで確認する
# svcs print/server
STATE          STIME    FMRI
online         14:35:13 svc:/application/print/server:default
#

プリンタキューの作成(コマンド編)

ネットワーク postscript プリンタの作成

プリンタ名を XEROX1とする


#lpadmin -p XEROX1 -v /dev/null  -v ポートの指定 NWプリンタの場合は /dev/null

#lpadmin -p XEROX1 -m netstandard インタフェースプログラムの指定

   ※ -m と同じ #lpadmin -p XEROX1 -i /usr/lib/lp/model/netstandard

#lpadmin -p XEROX1 -o dest=192.168.100.122 -o protocol=bsd プリンタのIPアドレスを指定

#lpadmin -p XEROX1 -I postscript -T PS 出力ファイルの形式を指定


#enable XEROX1 使用可能にする
プリンタ "XEROX" が有効になりました
#
#accept XEROX1 スプール開始
出力先 "XEROX" は要求を受け入れます
#

フィルタの登録


現在登録されているフィルタを確認する。
初期値では登録されていなので表示されない
# lpfilter -f all -l
#

以下のディレクトリに fd(ファイルデスクリプタ)ファイルが
あるのでこのファイルを使用してフィルタを登録する。

# cd /etc/lp/fd
# ls -l
-r--r--r--   1 root     lp           614  1月  8日 2005年 a2ps.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           197  1月 22日 2005年 catv.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           243  1月 22日 2005年 download.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           514  1月 22日 2005年 dpost.fd
-r--r--r--   1 root     lp           280  1月  8日 2005年 foomatic.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           658 11月 21日 2003年 jpostprint.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           396 11月 21日 2003年 jprconv.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           498  1月 22日 2005年 postdaisy.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           516  1月 22日 2005年 postdmd.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           198  1月 22日 2005年 postio.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           237  1月 22日 2005年 postior.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           646  1月 22日 2005年 postmd.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           215  1月 22日 2005年 postpages.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           330  1月 22日 2005年 postplot.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           531  1月 22日 2005年 postprint.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           235  1月 22日 2005年 postreverse.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           532  1月 22日 2005年 posttek.fd
-rw-r--r--   1 root     lp           263  1月 22日 2005年 pr.fd
#

ポストスクリプトプリンタを使用する場合 postprint.fd
が必要なので以下のコマンドを実行する

# lpfilter -f postprint -F postprint.fd
#

確認

# lpfilter -f postprint -l
Input types: simple          入力は simple テキスト
Output types: postscript     出力は postscript 形式に変換
Printer types: any
Printers: any
Filter type: slow
Command: /usr/lib/lp/postscript/postprint    オプションを指定する場合はここに記述
Options: PAGES * = -o*
Options: LENGTH * = -l*
Options: MODES group = -n2
Options: MODES group\=\([2-9]\) = -n\1
Options: MODES portrait = -pp
Options: MODES landscape = -pl
Options: MODES x\=\(\-*[\.0-9]*\) = -x\1
Options: MODES y\=\(\-*[\.0-9]*\) = -y\1
Options: MODES magnify\=\([\.0-9]*\) = -m\1
Options: MODES catv_filter = -I
#

全部登録する場合、スクリプトを使用する例

# cd /etc/lp/fd
# FD=`ls *.fd`
# for i in $FD
> do
> FILTER=`echo $i | awk -F"." '{print $1}'`
>  lpfilter -f $FILTER -F $i
> done
#

確認する
# lpfilter -f all -l 

  ※ 長いので省略

#

プリンタの管理

プリンタへの出力

# lp -d XEROX /etc/hosts   lp -d プリンタ名 出力ファイル名
要求 ID は XEROX-1 です(1 個のファイル)
#

デフォルトプリンタの登録

# lpadmin -d XEROX
#
# lpstat -d
システムのデフォルトの宛先: XEROX
#

プリンタ状態の確認


プリンタ名を指定して確認する場合
# lpstat -p XEROX
プリンタ XEROX はアイドル状態です。 
2007年10月11日 (木) 14時23分51秒 以降有効です。
使用可能です。
#

プリンタ名が不明な場合や、全てのプリンタの状態を確認したい場合
# lpstat -t
スケジューラが動作しています
システムのデフォルトの宛先: XEROX
XEROX 用のデバイス: /dev/null
_default のシステム: sol01 (プリンタ XEROX として)
文字セット
XEROX は 2007年10月11日 (木) 14時23分56秒 以降の要求を受け入れています
_default は 2007年10月11日 (木) 14時23分56秒 以降の要求を受け入れています
プリンタ XEROX はアイドル状態です。 2007年10月11日 (木) 14時23分51秒 以降有効です。
使用可能です。
#

プリンタ状態の変更


スプール停止
# reject XEROX
出力先 "XEROX" が要求を受け入れなくなります
#

使用不可
# disable XEROX
プリンタ "XEROX" が無効になりました
#

使用可能
# enable XEROX
プリンタ "XEROX" が有効になりました
#

スプール開始
# accept XEROX
出力先 "XEROX" は要求を受け入れます
#


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google