Solaris -> Solaris10 -> ネットワーク

ネットワーク管理

基本的な設定

現在の状態を確認する

# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849 mtu 8232 index 1
        inet 127.0.0.1 netmask ff000000
pcn0: flags=1000843 mtu 1500 index 2
        inet 10.254.100.201 netmask ffffff00 broadcast 10.254.100.255
        ether 0:c:29:1e:9e:e
上記はPlumb されているインタフェースのみ。
ハードウェアとして認識されていてもplumbをしなければ使用できない。
* Plumb の意味 [名]おもり, 下げ振り, 垂球 。??

ハードウェアで認識しているインタフェースは以下のコマンドで表示する。
Solaris10で追加された。
# dladm show-link
pcn0            タイプ: レガシー        mtu: 1500       デバイス: pcn0
pcn1            タイプ: レガシー        mtu: 1500       デバイス: pcn1
#

以前からある以下のコマンドでも参照可能
# prtconf -v | grep pcn
                    dev_path=/pci@0,0/pci1022,2000@11:pcn0
                        dev_link=/dev/pcn0
                    dev_path=/pci@0,0/pci1022,2000@12:pcn1
#


新しいインタフェースを構成する


システムが認識しているインタフェースを表示する

# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4,VIRTUAL> mtu 8232 index 1
        inet 127.0.0.1 netmask ff000000
pcn0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
        inet 10.254.100.201 netmask ffffff00 broadcast 10.254.100.255
        ether 0:c:29:1e:9e:e
#

ハードウェアとして認識しているインタフェースを表示する

# dladm show-link
pcn0            タイプ: レガシー        mtu: 1500       デバイス: pcn0
pcn1            タイプ: レガシー        mtu: 1500       デバイス: pcn1
#

pcn1 をシステムに認識させる

# ifconfig pcn1 plumb
#

pcn1 が表示された

# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4,VIRTUAL> mtu 8232 index 1
        inet 127.0.0.1 netmask ff000000
pcn0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
        inet 10.254.100.201 netmask ffffff00 broadcast 10.254.100.255
        ether 0:c:29:1e:9e:e
pcn1: flags=1000842<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 3
        inet 0.0.0.0 netmask 0
        ether 0:c:29:1e:9e:18
#

pcn1 に IPアドレスを付与する
# ifconfig pcn1 10.254.100.202 netmask 255.255.255.0 up
#
# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4,VIRTUAL> mtu 8232 index 1
        inet 127.0.0.1 netmask ff000000
pcn0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
        inet 10.254.100.201 netmask ffffff00 broadcast 10.254.100.255
        ether 0:c:29:1e:9e:e
pcn1: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 3
        inet 10.254.100.202 netmask ffffff00 broadcast 10.254.100.255
        ether 0:c:29:1e:9e:18
#

netmask値の設定は /etc/inet/netmasks に
ネットワークアドレス(セグメント)、MASK値が記述されていれば省略しても設定可能。

ネットワーク構成を再起動後も有効にするように設定する。


以下のファイルにホスト名を記述する

/etc/inet/hostname.pcn0
sol01b

/etc/inet/hosts ファイルにエントリを追加する
10.254.100.202  sol01b

Solaris10 以前の場合 /etc/inet/ipnodes にもエントリを追加する。

再構成用ブートを実行する。
reboot -- -r


先頭へ
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google