Solaris -> Solaris10 -> システム管理

DISKの追加

ZONE用に新たにディスクを追加する。( VMware上での作業 )

パーティション作成

追加したディスク c0d1 のパーティションを作成する

# format
Searching for disks...done

AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c0d0 
          /pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@0/cmdk@0,0
       1. c0d1 
          /pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@0/cmdk@1,0
Specify disk (enter its number): 1
selecting c0d1
Controller working list found
[disk formatted, defect list found]


FORMAT MENU:
        disk       - select a disk
        type       - select (define) a disk type
        partition  - select (define) a partition table
        current    - describe the current disk
        format     - format and analyze the disk
        fdisk      - run the fdisk program
        repair     - repair a defective sector
        show       - translate a disk address
        label      - write label to the disk
        analyze    - surface analysis
        defect     - defect list management
        backup     - search for backup labels
        verify     - read and display labels
        save       - save new disk/partition definitions
        volname    - set 8-character volume name
        !     - execute , then return
        quit
format> fdisk  fdisk を選択
No fdisk table exists. The default partition for the disk is:

  a 100% "SOLARIS System" partition

Type "y" to accept the default partition,  otherwise type "n" to edit the
 partition table.
y
format> p


PARTITION MENU:
        0      - change `0' partition
        1      - change `1' partition
        2      - change `2' partition
        3      - change `3' partition
        4      - change `4' partition
        5      - change `5' partition
        6      - change `6' partition
        7      - change `7' partition
        select - select a predefined table
        modify - modify a predefined partition table
        name   - name the current table
        print  - display the current table
        label  - write partition map and label to the disk
        ! - execute , then return
        quit
partition> 0
Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  0 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0

Enter partition id tag[unassigned]:
Enter partition permission flags[wm]:
Enter new starting cyl[0]:
Enter partition size[0b, 0c, 0e, 0.00mb, 0.00gb]: 4.99gb  最大サイズGBで指定
partition> p
Current partition table (unnamed):
Total disk cylinders available: 2556 + 2 (reserved cylinders)

Part      Tag    Flag     Cylinders        Size            Blocks
  0 unassigned    wm       0 - 2554        4.99GB    (2555/0/0) 10465280
  1 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  2     backup    wu       0 - 2555        4.99GB    (2556/0/0) 10469376
  3 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  4 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  5 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  6 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  7 unassigned    wm       0               0         (0/0/0)           0
  8       boot    wu       0 -    0        2.00MB    (1/0/0)        4096
  9 alternates    wm       1 -    2        4.00MB    (2/0/0)        8192

partition> label  label で書込みを行う
Ready to label disk, continue? y

partition> q
format> q

#

ファイルシステムの作成

ファイルシステムを作成する

ファイルシステムを作成する
"c0d1"ディスクのスライス0番目"s0" の raw デバイス /dev/rdsk/c0d1s0 を指定する。

# newfs /dev/rdsk/c0d1s0
newfs: 新しいファイルシステム /dev/rdsk/c0d1s0 を作成しますか: (y/n)? y
/dev/rdsk/c0d1s0:       全セクター数: 10465280  (シリンダ数: 2555、トラック数: 128、セクター数: 32)
        5110.0MB、99 シリンダグループ (26 c/g, 52.00MB/g, 6400 i/g)
スーパーブロックのバックアップの位置 (fsck -F ufs -o b=# のため) :
 32, 106560, 213088, 319616, 426144, 532672, 639200, 745728, 852256, 958784,
 9481024, 9587552, 9694080, 9800608, 9907136, 10013664, 10120192, 10226720,
 10333248, 10439776
#


ファイルシステムを検査する
# fsck /dev/dsk/c0d1s0
** /dev/rdsk/c0d1s0
** Last Mounted on
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3a - Check Connectivity
** Phase 3b - Verify Shadows/ACLs
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cylinder Groups
2 files, 9 used, 5151829 free (13 frags, 643977 blocks, 0.0% fragmentation)
#

マウント設定

再起動時マウントされるように設定する

/etc/vfstab ファイルにマウント設定を追加する

# cat /etc/vfstab
#device         device          mount           FS      fsck    mount   mount
#to mount       to fsck         point           type    pass    at boot options
#
fd      -       /dev/fd fd      -       no      -
/proc   -       /proc   proc    -       no      -
/dev/dsk/c0d0s1 -       -       swap    -       no      -
/dev/dsk/c0d0s0 /dev/rdsk/c0d0s0        /       ufs     1       no      -
/dev/dsk/c0d0s5 /dev/rdsk/c0d0s5        /usr    ufs     1       no      -
/dev/dsk/c0d0s3 /dev/rdsk/c0d0s3        /var    ufs     1       no      -
/dev/dsk/c0d0s4 /dev/rdsk/c0d0s4        /opt    ufs     2       yes     -
/dev/dsk/c0d1s0 /dev/rdsk/c0d1s0        /zone   ufs     2       yes     -
/devices        -       /devices        devfs   -       no      -
ctfs    -       /system/contract        ctfs    -       no      -
objfs   -       /system/object  objfs   -       no      -
swap    -       /tmp    tmpfs   -       yes     -
#


マウントポイントを作成
# mkdir /zone
#

/etc/vfstab の内容を反映させる
# mount -a
mount: /tmp はすでにマウントされているか、swap が使用中です
mount: /dev/dsk/c0d0s4 はすでにマウントされているか、/opt が使用中です
#

マウントされているか確認
# df -k /zone
ファイルシステム      kbytes 使用済み 使用可能 容量      マウント先
/dev/dsk/c0d1s0      5151838    5129 5095191     1%    /zone
#
# ls -l /zone
合計 16
drwx------   2 root     root        8192 10月 30日  10:10 lost+found
#


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google