Solaris -> Solaris10


Solaris10のインストール

Solaris10のインストール(後半)


前半はこちら


次へをクリック

両方ともはいを選択

CD(isoイメージ)からインストールするので、CD/DVDを選択

ライセンスの同意をチェックする

確認の為、カスタムインストールを選択

日本語のフォントを全て(3つ)選択する

日本語(ja)を選択する。

チェックしないで次へ

なしを選択して次へ

全てインストールする場合は、全体ディストリビューション(entire)を選択

※ OEMは 富士通のハードへインストールする場合

選択されたディスクがある事を確認後、次へをクリックする

パーティションを選択する

次へをクリック

ファイルシステムの配置変更。変更をクリック

 ※ 初期値のパーティション構成だと変更がうまくいかない場合があるので  最初に VTOCを読み込む を一度クリックする。

ファイルシステム(マウントポイント)及びサイズを指定する

 ※ 各システムに合わせて調整する。  ※ ミラーリングを構築する場合は、最後のパーティションに最低10M程度あけておく   状態データベース用として使用する為。

指定したディスクのパーティション内容を確認する

これまで指定した内容を確認後、インストール開始をクリック

インストール終了。リブートを実行

先頭へ
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google