Solaris -> Solaris10 -> デスクトップ環境

フロントパネルのカスタマイズ

デフォルトのフロントパネル定義ファイルに追加する。

デフォルトのフロントパネル定義ファイルは、
/usr/dt/appconfig/types/ja/dtwm.fp に記述されている。

ユーザ固有のフロントパネルを定義するには、
まずこのファイルを ~/.dt/types/dtwm.fp にコピーする。

例として、フロントパネルからプリンタを削除して、
代わりに xterm起動用フロントパネル及び xclockサブパネルを追加してみる。

起動時のアクション指定ファイルについては、別途作成が必要となる。

フロントパネルのカスタマイズ dtwm.fp

プリンタのメインコントロールに DELETE=True を記述すると表示されなくなる

CONTROL Printer
{
  TYPE                  icon
  CONTAINER_NAME        Top
  CONTAINER_TYPE        BOX
  POSITION_HINTS        9
  LABEL                 デフォルト
  ICON                  Fpprnt
  PUSH_ACTION           DtPrint
  DROP_ACTION           DtPrint
  DROP_ANIMATION        PrinterDrop
  HELP_TOPIC            FPOnItemPrinter
  HELP_VOLUME           FPanel
  DELETE                True        無効設定
}

新しく追加するアイコン定義を記述する。

CONTROL XTERM          メインコントロールの定義
{
  TYPE                  icon
  CONTAINER_NAME        Top
  CONTAINER_TYPE        BOX
  POSITION_HINTS        9
  ICON                  Fpterm
  LABEL                 XTERM
  PUSH_ACTION           XtermFPanel  クリック時のアクション指定
}

SUBPANEL XtermSubPanel
{
  CONTAINER_NAME        XTERM   CONTROL XTERMのサブパネル定義
  TITLE                 XTERM
}

CONTROL Xclock         サブパネルの定義
{
  TYPE                  icon
  CONTAINER_NAME        XtermSubPanel   SUBPANEL XtermSubPanel に属する事の定義
  CONTAINER_TYPE        SUBPANEL
  POSITION_HINTS        1
  ICON                  Dtclock
  LABEL                 XClock
  PUSH_ACTION           XClock   クリック時のアクション指定
}

修正前のフロントパネル

修正後のフロントパネル

   プリンタアイコンが消え、Xtermアイコンに置き換わっている

起動時のアクション指定ファイル

   dtwm.fp で記述した PUSH_ACTION で指定した アクションを定義するファイルを作成する。
   /usr/dt/appconfig/types/ja/*.dt を参考に作成する。

   ファイル名は、 ~/.dt/types/Xclock.dt とする。

   2つのアクション定義を作成する。
   PUSH_ACTION   XtermFPanel:  xtermを起動する。
   PUSH_ACTION   XClock:       xclockを起動する。
起動時のアクション指定ファイル Xterm.dt

 xterm のアクション定義
ACTION XtermFPanel
{
        LABEL           Xterm
        ICON            Dtterm
        ARG_COUNT       0
        TYPE            COMMAND
        WINDOW_TYPE     NO_STDIO
        EXEC_STRING     /usr/openwin/bin/xterm  クリック時の実行コマンドを記述する
        DESCRIPTION     xterm
}


 xclock のアクション定義
ACTION XClock
{
        LABEL           XClock
        ICON            Dtclock
        ARG_COUNT       0
        TYPE            COMMAND
        WINDOW_TYPE     NO_STDIO
        EXEC_STRING     /usr/openwin/bin/xclock   クリック時の実行コマンドを記述する
        DESCRIPTION     xterm
}

起動してみた結果



先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google