SOA -> UDDI

UDDI Project概要

UDDI とは

 (Universal Description Discovery and Integration)

UDDI Project とは (IBM, Microsoft, Ariba=>現在はHPへ引継ぎ)などが
ネット上での企業間連携を目的として発足させたプロジェクトである。

webサービスを提供する企業は オンラインディレクトリである
UDDI BUsiness Registory を提供し自社の情報を登録し
サービスを利用する企業(個人)は 登録された企業のサービスを検索ができる。


UDDI Business Registory(UBR) の運営は UDDI Operators Council が行う。


2005/02/03 UDDI v3をOASIS標準として認証
2003/05/20 UDDI v2をOASIS標準として認証
2002/10/08 NTT Communications UDDI Registoy
2000/09/07 発足
2000/11/16 ベータ版公開

登録サイト
http://www.uddi.org/registre.html




UDDI の参加企業


UDDI Project(http://www.uddi.org/)の規格は IBM, Microsoft, Ariba(=>HP)が作っている

DDIに対応したパブリックUBRノードのオペレータ・サイトは以下の通り。

・米Hewlett-Packard:http://uddi.hp.com
(米メディアの報道(InfoWorld)によると,2002年9月20日で運用を停止する予定という)
・米IBM:http://uddi.ibm.com/
・米Microsoft:http://uddi.microsoft.com
・ドイツSAP:http://uddi.sap.com
・NTTコミュニケーションズ:http://www.ntt.com/uddi


サービスの概要



webサービスを検索、利用する。

webサービスを提供するには、UDDIレジストリに登録する。

UDDIレジストリへの登録フォーマットは WSDL(XML)形式
UDDIレジストリへのアクセスは HTTP/SOAP プロトコルで行われる。

  XML要素用途
企業名、サービス名 <businessEntity > ホワイトページ」
サービス内容、カテゴリ<businessService > 「イエローページ」
サービスの詳細 <bindingTemplate > 「グリーンページ」
サービス記述 <tModel> > サービスの仕様
UDDI XML(WSDL) フォーマット

<businessEntity>
	<businessService>
		<bindingTemplate>
		</bindingTemplate>
	</businessService>
</businessEntity>

<tModel>
</tModel>


XML要素を Webサービスとして UDDIレジストリに登録する。


利用者は XML フォーマットの リクエストを UDDIレジストリに送信し
レスポンスを受け取る


ここでの通信プロトコルは HTTP/SOAP によって行われる
webサービスは HTTP/SOAP に対応している必要がある。	


SOAPエンベローブ内の XML文書仕様 を UDDIプログラマーAPI という

以下の2つに分けられる
・参照API(Inquiry API)

  find_xxx キーワード検索用 API 
  xxx=( businessEntity, businessService, bindingTemplate, tModel)により
  特定の要素を指定し、 要素のキーがレスポンスされる。

  get_xxxは find で検索された要素のキーから、実体を取り出す。

・発行API(Publicatin API)
  発行APIにのみ認証が必要である

  ・sava_xxx レジストリ保管用API
    xxx=( businessEntity, businessService, bindingTemplate, tModel)
    データ毎に命令がある
    
  ・dalete_xxx レジストリ削除用API 
    xxx=( businessEntity, businessService, bindingTemplate, tModel)
    データ毎に命令がある

実際の登録内容


NTT Communications のUDDIレジストリサイト http://www.uddi.ne.jp


登録用ページ

検索用ページで検索した結果


実際に登録されている XML 内容
例1:ビジネスキーワード "電子"で検索した結果。電子カタログ作成サービスサービスの UDDI レジストリの内容。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<businessDetail generic="2.0" xmlns="urn:uddi-org:api_v2" operator="NTT Communications" truncated="false">
  <businessEntity businessKey="xxxxx" operator="NTT Communications" authorizedName="xxx">
    <discoveryURLs>
      <discoveryURL useType="businessEntity"&g;http://www.uddi.ne.jp/registry/uddiget?businessKey=xxxxx>
         /discoveryURL
      </discoveryURLs>
    <name xml:lang="ja">電子カタログ作成サービス</name>
    <description xml:lang="ja">紙カタログやエクセルから電子カタログを作成します。>/description<
  </businessEntity>
</businessDetail>

例2:ビジネスキーワード "建設"で検索した結果。建設サービスの UDDI レジストリの内容。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<businessDetail generic="2.0" xmlns="urn:uddi-org:api_v2" operator="NTT Communications" truncated="false">
  <businessEntity businessKey="xxx" operator="NTT Communications" authorizedName="xxx">
    <discoveryURLs>
      <discoveryURL useType="businessEntity">http://www.uddi.ne.jp/registry/uddiget?businessKey=xxxx>
         /discoveryURL
      </discoveryURLs>
    <name xml:lang="jw">建設</name;>
    <description xml:lang="ja">建設業</description>
    <categoryBag>
      <keyedReference tModelKey="xxx" keyName="Unique identifier" keyValue="identifier">
      </keyedReference>
    </categoryBag>
  </businessEntity>
</businessDetail>

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google