プログラム構文 -> オブジェクト指向

オブジェクト指向(Ruby)

サンプルプログラム1 ファイルの表示

コード

read.rb
#!/usr/bin/ruby

コマンド起動パスからの相対パスでクラスを読み込む
require File.dirname(__FILE__) + "/FileAccess"

FileAccess Class のインスタンス生成
o = FileAccess.new

attr_accessorによりインスタンス変数へ値をセットする
o.FileName='/etc/passwd'

ファイルの存在をチェックする
if !FileTest.exist?(o.FileName) then
  puts "Not Found " + o.FileName
  exit 1
end

ファイル名を出力する
p o.FileName

メソッドを実行する
o.FilePuts

exit 0

FileAccess.rb
class FileAccess
  attr_accessor :FileName  インスタンス変数 FileName への値の
                           設定及び取出しを可能にする
  初期化(コンストラクタ)
  def initialize
    @FileName
  end

  ファイルを読み込んで表示するメソッド
  def FilePuts
    f = File.open(@FileName,"r")    * File::open()でも可
    f.each{|line|
      print line
    }
    f.close
  end
  
  *   以下の書き方だと close はいらない
      def FilePuts
        File::open(@FileName,"r"){|f|
          f.each{|line|
            print line
          }
        }
      end
      getsを使用する場合
      def FilePuts
        File::open(@FileName,"r"){|f|
          while line = f.gets
            print line
          end
        }
      end

end

実行結果

$ ./read.rb
"/etc/passwd"
root:x:0:0:root:/root:/bin/bash
daemon:x:1:1:daemon:/usr/sbin:/bin/sh
bin:x:2:2:bin:/bin:/bin/sh
sys:x:3:3:sys:/dev:/bin/sh
sync:x:4:65534:sync:/bin:/bin/sync
man:x:6:12:man:/var/cache/man:/bin/sh
lp:x:7:7:lp:/var/spool/lpd:/bin/sh
mail:x:8:8:mail:/var/mail:/bin/sh
uucp:x:10:10:uucp:/var/spool/uucp:/bin/sh
proxy:x:13:13:proxy:/bin:/bin/sh
www-data:x:33:33:www-data:/var/www:/bin/sh
backup:x:34:34:backup:/var/backups:/bin/sh
list:x:38:38:Mailing List Manager:/var/list:/bin/sh
irc:x:39:39:ircd:/var/run/ircd:/bin/sh
gnats:x:41:41:Gnats Bug-Reporting System (admin):/var/lib/gnats:/bin/sh
nobody:x:65534:65534:nobody:/nonexistent:/bin/sh
libuuid:x:100:101::/var/lib/libuuid:/bin/sh
dhcp:x:101:102::/nonexistent:/bin/false
syslog:x:102:103::/home/syslog:/bin/false
klog:x:103:104::/home/klog:/bin/false
hplip:x:104:7:HPLIP system user,,,:/var/run/hplip:/bin/false
avahi-autoipd:x:105:113:Avahi autoip daemon,,,:/var/lib/avahi-autoipd:/bin/false
gdm:x:106:114:Gnome Display Manager:/var/lib/gdm:/bin/false
pulse:x:107:116:PulseAudio daemon,,,:/var/run/pulse:/bin/false
messagebus:x:108:119::/var/run/dbus:/bin/false
avahi:x:109:120:Avahi mDNS daemon,,,:/var/run/avahi-daemon:/bin/false


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google