プログラム構文

IF文

Bash

・基本(記述形式1)
if [ ${COUNT} -eq 0 ]; then
  FLG=0
else
  FLG=1
fi

・基本(記述形式2)
if [ ${COUNT} -ne 0 ]
then
  FLG=0
else
  FLG=1
fi

・IF-ELSE
if [ "${USER}" != "root" -a "${COUNT}" != "sys" ]; then
  FLG=1
elif [ "${USER}" = "guest" -o "${USER}" = "user" ]; then
  FLG=2
else
  FLG=0
fi

* 記述形式
                    if [         : ifと[ の間の空白が必須
                    [ $A -e $B ] : [ の右、 ]の左は空白が必須
                    ];then       : ;の前後の空白は任意
                    

* 数値の比較演算子
                    (A = B)  if [ $A -eq $B ]
                    (A ≠ B)  if [ $A -ne $B ]
                    (A => B)  if [ $A -ge $B ]
                    (A  > B)  if [ $A -gt $B ]
                    (A <= B)  if [ $A -le $B ]
                    (A <  B)  if [ $A -lt $B ]

* 文字の比較演算子
                    (A = B)       if [ "$A" = "$B" ]
                    (A ≠ B)       if [ "$A" != "$B" ]
                    (A ≠ NULL)    if [ "$A" ]
                    (A 文字長=0)  if [ -z "$A" ]
                    (A 文字長≠0)  if [ -n "$A" ]


* 複合条件
                    (AND)  if [ $A -ne 0 -a $B -ne 0 ]
                    (OR)   if [ $A -eq 0 -o $B -eq 0 ]

Perl

・基本(記述形式)
if($param eq 'get'){
  print "get";
}else{
  print "post";
}

・IF-ELSE
if($param eq 'get'){
  print "get";
}elsif($param eq 'post'){
  print "post";
}else{
  print "error";
}

* 記述形式
                    if(          : ifの右の空白は任意
                    if($a==$b)   : ()内の空白は任意
                    if($a eq $b) : eq等の比較演算子の前には空白が必須
                    if($a==$b){  : ){の間は空白でも改行でも可

* 数値の比較演算子
                    (A = B)  if($a == $b)
                    (A ≠ B)  if($a != $b)
                    (A >= B)  if($a >= $b)
                    (A  > B)  if($a >  $b)
                    (A <= B)  if($a <= $b)
                    (A <  B)  if($a <  $b)

* 文字の比較演算子 
                    (A = B)     if($a eq $b)
                    (A ≠ B)     if($a ne $b)
                    (A >= B)     if($a ge $b)
                    (A  > B)     if($a gt $b)
                    (A <= B)     if($a le $b)
                    (A <  B)     if($a lt $b)
                    (A ≠ NULL)  if($a)
                    (A = NULL)  if(!$a)

* 複合条件
                    (AND)  if(($a eq $b)&&($c eq $d))
                    (OR)   if(($a eq $b)||($c eq $d))

JavaScript

・基本(記述形式)
if(n==0){
  alert("ERR");
}else{
  alert(n);
}

・IF-ELSE
if(n==0){
  alert("ERR");
}else if(n==9){
  alert("Warning");
}else{
  alert(n);
}

* 数値及び文字の比較演算子
                    (A = B)  if(a == b)
                    (A ≠ B)  if(a != b)
                    (A >= B)  if(a >= b)
                    (A  > B)  if(a >  b)
                    (A <= B)  if(a <= b)
                    (A <  B)  if(a <  b)

* 文字の比較演算子 
                    (A ≠ NULL)  if(a)
                    (A = NULL)  if(!a)

* 複合条件
                    (AND)  if((a==b)&&(c==d))
                    (OR)   if((a==b)||(c==d))

ExcelVBA

・基本(記述形式)
If 言語 = "日本語" Then
  cells(1,1) = "日本語"
Else
  cells(1,1) = "英語"
End If


・IF-ELSE
If 言語 = "日本語" Then
  cells(1,1) = "日本語"
ElseIf 言語 = "英語" Then
  cells(1,1) = "英語"
Else
  cells(1,1) = "不明"
End If


* 記述形式
                    If Else End If の 大文字小文字は自動で変換される。
                    If 文中で改行する場合は _ (アンダースコア) を使用する。

* 数値及び文字の比較演算子
                    (A = B)  If a =  b
                    (A ≠ B)  If a <> b
                    (A >= B)  If a >= b
                    (A  > B)  If a >  b
                    (A <= B)  If a <= b
                    (A <  B)  If a <  b

* 複合条件
                    (AND)  If cells(1,1)<>"" And cells(1,1)<>""
                    (OR)   If cells(1,1)="" Or cells(1,1)="

Ruby

・基本
if cnt== 0 then
  flg=0
else
  flg=1
end

・IF-ELSE
if user != "root" && user != "sys" then
  flg=1
elsif user = "guest" || user = "user" then
  flg=2
else
  flg=0
end


* 比較演算子
                    (A = B)  if [ A == B ]
                    (A ≠ B)  if [ A != B ]
                    (A => B)  if [ A >= B ]
                    (A  > B)  if [ A >  B ]
                    (A <= B)  if [ A <= B ]
                    (A <  B)  if [ A <  B ]


* 複合条件
                    (AND)  if [ A != 0 && B != 0 ]
                           if [ A != 0 and B != 0 ]
                    (OR)   if [ A == 0 || B == 0 ]
                           if [ A == 0 or B == 0 ]



先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google