パソコン

Let's Note 新旧モデル性能比較

2010年春モデルでは CPU と メモリが大きく変わった。
CPUが Core 2 Duo から Core i5 に、
メモリが、DDR2 から DDR3 にそれぞれ新しいテクノロジに変更されている。
USB は 2.0 のままなので次のモデルには 3.0 になっている事を期待したい。

その他には大きく変わっていないので CPU と メモリの性能について
どの程度違うか調べてみた。
新旧モデル比較
発売 2010春モデル 2009冬モデル
品番 CF-S9JYEADR CF-S8HYEADR
CPU Intel Core i5-520M(2.4GHz) Intel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)
メモリ DDR3 PC3-8500 DDR2 PC2-5300

CPU性能比較

mobile Core i5 の性能

Intel Core i5-520M Processor(3M Cache,2.40 GHz) vs
Intel Core 2 Duo Processor P8700(3M Cache,2.53GHz 1066 MHz FSB)

Intel サイトでの比較

メモリ性能比較
転送速度も速いが、消費電力も少ないのでバッテリー使用時にはメリットが大きい。
メモリ DDR3 PC3-8500 DDR2 PC2-5300
転送速度 8.53GB/s 5.30GB/s
電圧 1.5v 1.8v
基本モデルの対応メモリ(Buffalo)
CF-S9JYEADR用
CF-S8HYEADR用


      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google