データベース -> ORACLE -> 環境構築(インストール)11g

Oracle11gをSolaris10へインストール

  1. インストール準備
    1. Oracleユーザ作成
    2. Oracleユーザ環境変数設定

インストール準備

Oracleユーザ作成


グループ作成
# groupadd -g 101 oinstall
# groupadd -g 102 dba
#
# getent group oinstall
oinstall::101:
# getent group dba
dba::102:
#

ユーザ作成 *セカンダリグループにdbaを追加する。
# useradd -u 101 -g oinstall -G dba -d /var/home/oracle -m oracle
64 ブロック
#
# getent group dba
dba::102:oracle
#

確認
# id -a oracle
uid=101(oracle) gid=101(oinstall) groups=102(dba)
#
# ls -ld /var/home/oracle
drwxr-xr-x   2 oracle   oinstall     512  9月 21日  12:30 /var/home/oracle
#

パスワード設定
# passwd oracle
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: oracle のパスワードが変更されました
#

Oracleユーザ環境変数設定

ユーザ環境変数ファイル (~/.profile)

# su - oracle
$ vi .profile
--------------------------------------------------------------------------------
stty erase ^H
stty intr ^C

umask 022

PATH=/usr/bin:/usr/sbin:/usr/openwin/bin
export PATH

LANG=C
export LANG
LC_ALL=C
export LC_ALL

ORACLE_HOSTNAME=ora01
export ORACLE_HOSTNAME

ORACLE_SID=TKDB
export ORACLE_SID

ORACLE_BASE=/opt/oracle
export ORACLE_BASE

ORACLE_HOME=${ORACLE_BASE}/product/11.1.0
export ORACLE_HOME

TNS_ADMIN=${ORACLE_BASE}/${ORACLE_SID}/tns
export TNS_ADMIN

NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16SJISTILDE
export NLS_LANG

ORA_NLS10=${ORACLE_HOME}/nls/data
export ORA_NLS10

PATH=${ORACLE_HOME}/bin:${PATH}
export PATH

LIBPATH=${ORACLE_HOME}/lib:${ORACLE_HOME}/lib32:${LIBPATH}
export LIBPATH

CLASSPATH=${ORACLE_HOME}/jlib:${CLASSPATH}
export CLASSPATH
--------------------------------------------------------------------------------
読み込んで確認する
$ . ./.profile
$ env
CLASSPATH=/opt/oracle/product/11.1.0/jlib:/opt/oracle/product/11.1.0/jlib:
HOME=/var/home/oracle
HZ=100
LANG=C
LC_ALL=C
LIBPATH=/opt/oracle/product/11.1.0/lib:/opt/oracle/product/11.1.0/lib32:
           /opt/oracle/product/11.1.0/lib:/opt/oracle/product/11.1.0/lib32:
LOGNAME=oracle
MAIL=/var/mail/oracle
NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16SJISTILDE
ORACLE_BASE=/opt/oracle
ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/11.1.0
ORACLE_HOSTNAME=ora01
ORACLE_SID=TKDB
ORA_NLS10=/opt/oracle/product/11.1.0/nls/data
PATH=/opt/oracle/product/11.1.0/bin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/openwin/bin
SHELL=/bin/sh
TERM=xterm
TNS_ADMIN=/opt/oracle/TKDB/tns
TZ=Japan
$

インストール環境ファイル (${ORACLE_HOME}/oraInventory/oarInst.loc)

$ cd /opt/oracle/oraInventory
$ vi oraInst.loc
--------------------------------------------------------------------------------
inventory_loc=/opt/oracle/oraInventory
inst_group=oinstall
--------------------------------------------------------------------------------


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google