ネットワーク -> vyatta

vyattaでソフトウェアルーター構築

構成


異なるセグメント間のルーティングを vyatta で行う。
・rt01 vyatta が、
  セグメント 192.168.10.0/24 と
             192.168.20.0/24 間のルーティングをする。

インストール



 ISOイメージ(vyatta-livecd-virt_VC6.5R1_i386.iso)でブート後
 
 vyatta login: vyatta
 Password: vyatta * 初期パスワードを入力

 vyatta@vyatta:~$ install system   * インストール開始

 Would you like to continue? (Yes/No) [Yes]: yes

 この後色々聞いてくるが全部初期値でOK
 
   Partition (Auto/Union/Parted/Skip) [Auto] : 
   
   Install the image on? [sda]: 
   
   This will destroy all data on /dev/sda.
   Continue? (Yes/No) [No]: yes



インストール終了後パスワード変更要求画面が表示されるので
変更する。

初期パスワードは vyatta 

そして再起動



先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google