Linux -> サーバ管理 -> ディスク管理

SCSIディスクの追加

  LinuxでのSCSIディスクの追加を行う。
  環境:
        SCSIディスク ( VMware仮想Disk )
        OS           ( Miracle v4 )

FDISKコマンドによるパーティション作成及びフォーマット

新規パーティション作成手順

パーティションテーブルの状態を確認する。
# fdisk -l

Disk /dev/hda: 5368 MB, 5368709120 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 652 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hda1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/hda2              14         652     5132767+  8e  Linux LVM

Disk /dev/sda: 3972 MB, 3972844544 bytes     ←追加したSCSIディスク
255 heads, 63 sectors/track, 483 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
#


以下の手順で新しいパーティションを作成する

#
# fdisk /dev/sda

コマンド (m でヘルプ): p  * パーティションを参照

Disk /dev/sda: 3972 MB, 3972844544 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 483 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

コマンド (m でヘルプ): n    * 新規パーティション
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-483, default 1):
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-483, default 483):
Using default value 483

コマンド (m でヘルプ): p         *  パーティションを参照

Disk /dev/sda: 3972 MB, 3972844544 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 483 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         483     3879666   83  Linux

コマンド (m でヘルプ): w     * 書き込み
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。
#

   /dev/sda にパーティションが作成されている事を確認する。

# fdisk -l

Disk /dev/hda: 5368 MB, 5368709120 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 652 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hda1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/hda2              14         652     5132767+  8e  Linux LVM

Disk /dev/sda: 3972 MB, 3972844544 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 483 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         483     3879666   83  Linux
#

ファイルシステムの作成

ファイルシステム作成手順

  以下のコマンドで新規ファイルシステムを作成する

# mkfs -t ext3 /dev/sda1
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
485760 inodes, 969916 blocks
48495 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=994050048
30 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 26 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
#

  ファイルシステム作成後、以下のコマンドでファイルシステムをチェックする

# fsck /dev/sda1
fsck 1.35 (28-Feb-2004)
e2fsck 1.35 (28-Feb-2004)
/dev/sda1: clean, 11/485760 files, 25352/969916 blocks
#

サーバ再起動時のファイルシステムマウント設定

/etc/fstab ファイルに追加する
 ファイルシステム /dev/sda1 を /home にマウントする記述を追加する。 

/dev/VolGroup00/LogVol00 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
none                    /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
none                    /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
none                    /proc                   proc    defaults        0 0
none                    /sys                    sysfs   defaults        0 0
/dev/VolGroup00/LogVol01 swap                    swap    defaults        0 0
/dev/hdc                /media/cdrecorder       auto    pamconsole,exec,noauto,managed 0 0
/dev/fd0                /media/floppy           auto    pamconsole,exec,noauto,managed 0 0
/dev/sda1               /home                   ext3    defaults        1 2


 次のコマンドで /etc/fstab の内容を読みこんでマウントする。

# mount -a

 /dev/sda1 が /home にマウントされている。

# df -m
Filesystem           1M-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
                          4379      3431       726  83% /
/dev/hda1                   99        10        85  10% /boot
none                       137         0       137   0% /dev/shm
/dev/sda1                 3730        40      3501   2% /home
#




先頭へ
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google