Linux -> サーバ構築

ダイナミックDNS環境を構築する

ダイナミックDNS環境を構築すると、固定IP を取得していない場合でも
外部からインターネット経由で自宅サーバへアクセスが可能となる。

今回は無料でダイナミックDNS環境構築が可能な DynDNS サイトを使用して構築を行う。

ダイナミックDNSサービスに登録する


  ・DynDNSサイト
    http://dyndns.org

アカウントの登録


右上の Create Account から DynamicDNSサービスに登録する
登録するアカウント情報を入力する

DNSサービスの登録



   ※ 作成中

サーバ側の設定

hosts ファイルの更新

      登録したドメイン名にLANのIPアドレスを対応させる。

      <例>
      192.168.0.10   host1.dyndns.org

      以上の設定により内部ネットワークからドメインを利用できる。

自動でIPアドレスを更新する設定

 IPアドレスが更新された場合、DNSサービスに更新されたIPアドレスを
 更新しなくてはいけないが、DiCEで自動的にIPアドレスを更新するようにする。

DiCEのインストール

      http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html

   diced****.tar.gz をダウンロードする。

   /usr/local 配下で解凍する。

DiCEの設定

diced コマンドで起動
# diced

   =-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
   Version 0.19 for Japanese
   Copyright(c) 2001 sarad
? コマンドで起動オプションが表示される
   :?
   *** 起動オプション ***

   diced [-s|-d|-h|-e] [-b] [-l]

    -s           起動と同時に開始します
    -d           起動と同時にバックグラウンドで開始します
    -h           コマンドオプションを表示します
    -b           イベント実行時にビープ音を鳴らします
    -l           ログを作成します
    -e  指定のイベントを実行して終了します

   *** コマンド一覧 ***

   exit             DiCEを終了します
   start            DiCEを開始します
   startd           DiCEをバックグラウンドで開始します
   setup            DiCEの環境設定を行います
   list             登録済のイベント一覧を表示します
   add              イベントを追加します
   ed[it] <番号>    イベントを編集します
   del <番号>       イベントを削除します
   en[able] <番号>  イベントを有効にします
   dis[able] <番号> イベントを無効にします
   ev[ent] <番号>   イベントの情報を表示します
   ex[ec] <番号>    イベントを今すぐ実行します
   logcr            ログをクリアします
   :
add コマンドでイベントを追加する。 "add"
   :add
   新しくイベントを追加します

   DynamicDNSサービス名を入力してください
   "?"で対応しているサービスを一覧表示します
   (P)戻る
   >dyndns
   -------------------------------------------------
   << dyndns.org >>
   URL: http://www.dyndns.org/
   *** 情報 ***
   dyndns.orgのオプションについて
   「オフライン」オプションは、
   dyndns.orgドナー登録者のみ利用できます。
   =================================================
   ドメイン名を入力してください
   "?"でドメイン一覧を表示します
   (P)戻る
   >dyndns.org
   =================================================
   ホスト名を入力してください
   (P)戻る
   >host1
   =================================================
   ログインユーザ名を入力してください              * DynDNSサービスのユーザ名
   (P)戻る
   >user1
   =================================================
   ログインパスワードを入力してください            * DynDNSサービスのパスワード
   (P)戻る
   >********
   =================================================
   登録するIPアドレスを入力してください
   空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
   (P)戻る
   >
   =================================================
   このイベントに題名を付けてください
   (P)戻る
   >Reflesh
   =================================================
   このイベントを実行するスケジュールを設定します
   -------------------------------------------------
   実行する頻度を指定してください (番号入力)
   (0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
   (4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
   (P)戻る
   >5
   -------------------------------------------------
   IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
   アカウントを削除されてしまうことがあります
   IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
   (0)7日毎   (1)14日毎  (2)21日毎  (3)28日毎  (4)35日毎  (5)56日毎  (6)84日毎
   (P)戻る
   >0
   =================================================
   詳細オプションを設定します
   -------------------------------------------------
   [ ワイルドカード ]
   (0)OFF (1)ON
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ メールエクスチェンジャ ]
   入力>host1.dyndns.org
   -------------------------------------------------
   [ バックアップMX ]
   (0)NO (1)YES
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ オフライン ]
   (0)NO (1)YES
   番号>
   -------------------------------------------------
   [ システム ]
   (0)dyndns (1)statdns (2)custom
   番号>0
   =================================================
   このイベントを有効にしますか? (Y/N)
   (イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
   >y
   =================================================
   イベントを保存しますか? (Y/N)
   >y
   イベント"Reflesh"を保存しました
   =================================================
登録したイベント内容を確認する。 "ev イベント番号"
   :ev 0
   -------------------------------------------------
   [イベント名        ] Reflesh
   [状態              ] 有効
   [DNSサービス       ] dyndns
   [更新ホスト        ] host1.dyndns.org
   [ユーザ名          ] user1
   [IPアドレス        ]
   [スケジュール      ] IPアドレス変化時 (7日毎)
   
   [次回更新日時      ] 2005年11月1日、10:50:17
   [最終実行日時      ] 1899年12月30日、0:00:00
   [最終更新IPアドレス] *
   [最終更新結果      ] コマンドが実行されました
   (ID:000000)
   -------------------------------------------------
   :ex 0
   + 11/1 10:50 にDDNSRefleshが実行されました
     IPアドレスを更新しました
IPアドレスを更新する。 "ex イベント番号"
   :ev 0
   -------------------------------------------------
   [イベント名        ] Reflesh
   [状態              ] 有効
   [DNSサービス       ] dyndns
   [更新ホスト        ] host1.dyndns.org
   [ユーザ名          ] user1
   [IPアドレス        ]
   [スケジュール      ] IPアドレス変化時 (7日毎)
   
   [次回更新日時      ] 2005年11月1日、10:50:28
   [最終実行日時      ] 2005年11月2日、10:50:28
   [最終更新IPアドレス] xxx.xxx.xxx.xxx
   [最終更新結果      ] IPアドレスを更新しました
   (ID:000000)
   -------------------------------------------------
   :
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google