Linux -> コマンド -> パッケージ管理

rpm(RedHat系)パッケージ管理コマンド

RetHat系のパッケージ管理コマンド rpm についての使い方を説明する。

Fedora Coreパッケージ取得先 ftp://download.fedora.redhat.com

コマンド一覧

パッケージのインストール

# rpm -ivh postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm 警告: postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID f47bed1d Preparing... ########################################### [100%] 1:postfix ########################################### [100%]

パッケージの詳細情報表示

# rpm -qi postfix Name : postfix Relocations: (not relocatable) Version : 2.1.5 Vendor: Asianux Release : 4.2.2AX Build Date: 2005年08月03日 21時56分24秒 Install Date: 2007年06月01日 11時02分21秒 Build Host: Trinity-IA32.asianux.com Group : System Environment/Daemons Source RPM: postfix-2.1.5-4.2.2AX.src.rpm Size : 6587749 License: IBM Public License Signature : DSA/SHA1, 2005年08月03日 21時56分26秒, Key ID 1246298df47bed1d Packager : packager@asianux.com URL : http://www.postfix.org Summary : Postfix Mail Transport Agent Description : Postfix is a Mail Transport Agent (MTA), supporting LDAP, SMTP AUTH (SASL), TLS #

全てのパッケージを表示

# rpm -qa rootfiles-8-1 glibc-2.3.4-2.9.1AX elfutils-libelf-0.97-5 ksymoops-2.4.9-1AX libselinux-1.19.1-7.1AX mktemp-1.5-20 net-tools-1.60-37.EL4.6 tcl-8.4.7-2 freetype-2.1.9-1 coreutils-5.2.1-31.1 openssl-0.9.7a-43.2 dbus-glib-0.22-12.1AX pango-1.6.0-9.1AX policycoreutils-1.18.1-4.3 cyrus-sasl-2.1.19-5.EL4.1AX openldap-2.2.13-2.2AX cryptsetup-0.1-4 eject-2.0.13-11 libevent-1.1a-2 以下省略

パッケージに含まれるファイルを表示

# rpm -ql postfix /etc/pam.d/smtp.postfix /etc/postfix /etc/postfix/LICENSE /etc/postfix/access /etc/postfix/canonical /etc/postfix/header_checks /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.default /etc/postfix/makedefs.out /etc/postfix/master.cf /etc/postfix/post-install /etc/postfix/postfix-files /etc/postfix/postfix-script /etc/postfix/relocated /etc/postfix/transport /etc/postfix/virtual /etc/rc.d/init.d/postfix /usr/bin/mailq.postfix /usr/bin/newaliases.postfix /usr/bin/rmail.postfix /usr/lib/sasl/smtpd.conf /usr/lib/sasl2/smtpd.conf 以下省略

ファイルがどのパッケージかを表示

# rpm -qf /etc/postfix/main.cf postfix-2.1.5-4.2.2AX

検証 インストール時との差異を表示する

# rpm -V postfix S.5....T c /etc/postfix/main.cf #

パッケージを削除

# rpm -e postfix 警告: /etc/postfix/main.cf saved as /etc/postfix/main.cf.rpmsave

パッケージを削除(依存関係を無視する場合)

# rpm -e --nodeps postfix

パッケージファイルの内容を見る

# ls -l -rw-r--r-- 1 root root 2949715 8月 3 2005 postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm # # rpm2cpio postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm | cpio --list ./etc/pam.d/smtp.postfix ./etc/postfix ./etc/postfix/LICENSE ./etc/postfix/access ./etc/postfix/canonical ./etc/postfix/header_checks ./etc/postfix/main.cf ./etc/postfix/main.cf.default ./etc/postfix/makedefs.out ./etc/postfix/master.cf ./etc/postfix/post-install ./etc/postfix/postfix-files ./etc/postfix/postfix-script ./etc/postfix/relocated ./etc/postfix/transport ./etc/postfix/virtual

パッケージファイルの内容をカレントディレクトリ配下に展開する。

# # rpm2cpio postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm | cpio -id 12929 blocks # ls -l drwx------ 5 root root 4096 6月 12 10:48 etc -rw-r--r-- 1 root root 2949715 8月 3 2005 postfix-2.1.5-4.2.2AX.i386.rpm drwx------ 7 root root 4096 6月 12 10:48 usr drwx------ 3 root root 4096 6月 12 10:48 var

RPMパッケージの作り方

SRPMから作る場合

# rpmbuild --rebuild --target i386 xterm-200.6.i386

ソース tar.gz から作る場合

# rpmbuild -tb lshw-A.01.07.tar.gz
      作成したパッケージは /usr/src/redhat/RPMS/i386 にある
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google