JP1

JP1 AJSコマンド

  1. ajsprint   定義内容を標準出力ファイルに出力
  2. ajsdefine  ジョブネットワーク要素を定義する
  3. ajsshow    実行結果、状態、実行予定を表示
  4. ajsplan    保留・保留解除
  5. ajsentry   実行登録
  6. ajsleave   実行登録解除
  7. ajscalendar   カレンダー情報の登録

ajsprint (ジョブネットワーク要素の定義内容を標準出力ファイルに出力)

ajsprint で出力した定義情報は ajsdefine で取込ができる

ajsprint -F サービス名 [ジョブグループ名|ジョブネット名|ジョブ名] > 出力ファイル名

ジョブネット DAILY の定義情報を出力する場合
# ajsprint -F AJSROOT2 /BATCH_GROUP/DAILY > jp1_batch_daily.txt

グループ BATCH_GROUP の定義情報を出力する場合
# ajsprint -F AJSROOT2 /BATCH_GROUP > jp1_batch.txt

グループ BATCH_GROUP のカレンダー情報のみ出力する場合
# ajsprint -F AJSROOT2 -d /BATCH_GROUP > jp1_batch_calendar.txt
カレンダー情報を出力する場合は -d オプションを使用。
登録する場合は、 ajscalendar を使用。


ajsdefine (ファイルに記述されたパラメーターでジョブネットワーク要素を定義)


ajsdefine -F サービス名 -d 定義ユニット名 パラメータファイル名

# ajsdefine -F AJSROOT2 -d /BATCH_GROUP/DAILY2 /tmp/jp1_batch_daily2.txt

ajsprnit と ajsdefine を使った定義情報の エクスポートとインポート

以下の例は ジョブネットグループ BATCH のジョブネット DAILY の定義情報を
ajsprint でエクスポートし、 ajsdefine で 別のサーバへインポートしている。
ジョブネット配下のジョブネット名及びジョブ名やその他定義等を変更する場合は、
抽出したパラメータファイルを直接編集して修正する。


ajsshow (実行結果、状態の出力)


# ajsshow -F AJSROOT2 -p /BATCH/DAILY  # 次回の実行予定情報を出力
AJSPATH = /BATCH/
Name     Type  Status     Plan    Next executino time  Method
DAILY    net   time-wait  exist   Aug 6 2010 23:00     schedule


# ajsshow -F AJSROOT2 -s /BATCH/DAILY # 登録情報を出力
AJSPATH = /BATCH/
Name     Type  Status     Plan    Registrant   Registered time
DAILY    net   time-wait  exist   root         Aug 5 2010 11:31


# ajsshow -F AJSROOT2 -l /BATCH/DAILY # 結果情報を出力
AJSPATH = /BATCH/
Name     Type  Status     Code  Start time        End timeRegistrant
DAILY    net   normal     ***   Aug 5 2010 11:40  Aug 5 2010 12:58

AJSPATH = /BATCH/DAILY/
Name     Type  Status     Code  Start time        End timeRegistrant
FTP      job   normal     0     Aug 5 2010 11:40  Aug 5 2010 11:48
BIZ      job   normal     0     Aug 5 2010 11:48  Aug 5 2010 12:25
BACKUP   job   normal     0     Aug 5 2010 12:25  Aug 5 2010 12:58

ajsplan

保留、保留解除等


ajsplan -F サービス名 -r # 保留解除
                      -h # 保留


JobGroup DAILY Jobnet:N001 の保留解除をする場合
# ajsplan -F AJSROOT2 -r /BATCH/DAILY/N001 

JobGroup DAILY Jobnet:N001 の保留する場合
# ajsplan -F AJSROOT2 -h /BATCH/DAILY/N001 

ajsentry

実行登録を行う

# 即時実行登録
ajsentry -F AJSROOT2 -n /BATCH/DAILY

# 計画実行登録
 (当日に実行予定があり実行予定時刻を過ぎている場合でも実行する。
ajsentry -F AJSROOT2 -s /BATCH/DAILY

# 計画実行登録(次回実行)
 (当日に実行予定があり実行予定時刻が過ぎている場合は実行しない)
ajsentry -F AJSROOT2 -f /BATCH/DAILY

 ajsentry コマンドで実行する場合 ジョブ詳細定義で
 実行ユーザ種別を 登録ユーザー を選択しているとエラーになる
 KAVU4571-W The user maping(root) at the agent(hostname) failed.
 所有ユーザを選択すると正常に実行される。

ajsleave

# 実行登録解除
ajsleave -F AJSROOT2 /BATCH/DAILY

ajscalendar

# カレンダー情報の登録
* カレンダ情報の抽出
ajsprint -F AJSROOT2 -d /BATCH > カレンダ情報ファイル名

* カレンダ情報の登録 (既存の設定を上書きする)
ajscalendar -F AJSROOT2 -df カレンダ情報ファイル名 /BATCH

カレンダ情報のみ更新する場合は、実行登録中でも登録可能



戻る

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google