JAVA -> インストール

旧バージョンのJ2SE/JREをインストールする

旧バージョンのダウンロードサイト

旧バージョンのJ2SE/JREは、以下のサイトからダウンロードできる。

http://java.sun.com/products/archive/index.html

windowsで旧バージョンに戻すには?

複数のJ2SE/JREをインストールしている環境で旧バージョンのJREを使用する場合には
環境変数を変更する事により、バージョンを指定する事ができる。
指定しない場合は、最新バージョンが適用される。

バージョンの確認方法

インストールしている内容を確認する。4つのバージョンをインストールしている場合
C:\>dir j2*
2005/01/19  09:50    <DIR>          j2sdk1.4.2_05
2005/07/26  12:08    <DIR>          j2sdk1.4.2_08
2005/09/01  14:36    <DIR>          j2sdk1.4.2_09
2006/06/02  16:08    <DIR>          j2sdk1.4.2_12
C:\>
バージョンを確認する。最新の1.4.2_12がバージョンになっている。
C:\>java -version
java version "1.4.2_12"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.4.2_12-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.4.2_12-b03, mixed mode)
C:\>

旧バージョンへの変更

j2sdk1.4.2_12 から j2sdk1.4.2_05に変更する場合。

[システムのプロパティ]-[環境変数]
システム環境変数の
JAVA_HOME の変更をクリックし、以下のように変更する。 
JAVA_HOME がない場合は新規で追加する。


さらに、環境変数 Path の一番先頭に %JAVA_HOME%\bin を追加する。


Pathの設定で、%JAVA_HOME%\bin は必ず先頭に記述する事。
一番後ろに記述すると、最新のバージョンが反映されてしまう。
コマンドプロンプトで環境変数を確認する。
C:\>set JAVA_HOME
JAVA_HOME=c:\j2sdk1.4.2_05

C:\>set path
Path-C:\j2sdk1.4.2_05\bin;<省略>

バージョンを確認する。j2sdk1.4.2_05が現バージョンとなっている
C:\>java -version
java version "1.4.2_05"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.4.2_05-b04)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.4.2_05-b04, mixed mode)
C:\>
先頭へ
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google