Linux -> 評価サーバ構築

IBM Http Server 環境を構築 & WASからの構成管理

  1. インストール
  2. 設定
  3. WebSphereコンソールからの管理

インストール

インストールは GUI で行うので DISPLAY 変数の設定をしておく事。
解凍からインストーラの起動

ダウンロードしたファイル

-rw-r--r--  1 root root 34258436  6月 19 14:20 ihs.6100.linux.ia32.tar
#


解凍する
# tar tvf ihs.6100.linux.ia32.tar
drwxrwxr-x rederpj/rederpj   0 2006-07-06 04:27:57 IHS_6.1.0.0/
drwxr-xr-x rederpj/rederpj   0 2006-07-06 04:27:58 IHS_6.1.0.0/IHS/
drwxr-xr-x rederpj/rederpj   0 2006-05-16 13:53:50 IHS_6.1.0.0/IHS/docs/

※ 省略

IHS_6.1.0.0/GSKit/gsk7bas-7.0-3.20.i386.rpm
IHS_6.1.0.0/GSKit/gskit.sh
#

以下のディレクトリへ移動し、インストーラを起動する。
# cd IHS_6.1.0.0
# cd IHS
# ./install 

以降、画面の指示に従ってインストールを進める。
次へをクリック
ライセンスに同意して次へをクリック
システムの前提条件を確認後次へをクリック。エラーは無視して進める。
インストール先は初期値のままで、次へをクリック
ポートの指定は初期値のままで、次へをクリック
管理サーバ用のアカウントを入力後、次へをクリック
管理ファイル用のアカウントを入力後、次へをクリック
インストール要件の確認後、次へをクリックするとインストールが開始する
インストール完了

設定

構成の確認


IHSは Apache2.0 がベースとなっているので 設定ファイル及び実行ファイル名等についても
ほぼ Apache と同じである。

インストール先
/opt/IBM/HTTPServer/bin

設定ファイル
/opt/IBM/HTTPServer/conf/httpd.conf

httpd 起動スクリプト
/opt/IBM/HTTPServer/bin/apachectl

管理サーバ 起動スクリプト
/opt/IBM/HTTPServer/bin/adminctl

管理サーバの起動

# cd /opt/IBM/HTTPServer/bin
# ./adminctl start
#

 管理サーバプロセスの確認

root      3930     1  0 15:37 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -f /opt/IBM/HTTPServer
root      3931  3930  0 15:37 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -f /opt/IBM/HTTPServer
wasadm    3944  3930  0 15:37 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -f /opt/IBM/HTTPServer
#

サーバの起動

# cd /opt/IBM/HTTPServer/bin
# ./apachectl start
#

 サーバプロセスの確認。スレッド数の設定は初期値。httpd.confで変更可能

nobody    3970  3969  0 15:39 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -d /opt/IBM/HTTPServer
nobody    3971  3969  0 15:39 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -d /opt/IBM/HTTPServer
nobody    3973  3969  0 15:39 ?   00:00:00 /opt/IBM/HTTPServer/bin/httpd -d /opt/IBM/HTTPServer

WebSphereコンソールからの管理

処理手順

  1. WebSphere Application サーバプロセスを起動する。
  2. IHS管理サーバを起動する。
  3. ブラウザを起動し http://ホスト名:9060/ibm/console へアクセスする。

WebSphereコンソールでの手順

Webサーバ構成画面を開く
新規作成をクリックし、webサーバの定義を入力する。入力後次へをクリック
テンプレート名が IHS である事を確認し、次へをクリック
プロパティーを記述する。web管理サーバ用のID&パスワードを入力し、次へをクリック
設定内容を確認後、終了をクリック
サーバが作成された事を確認し、サーバを再起動する。
この状態でプロセスを起動しても正常に起動しない。
再起動後、サーバをチェックし始動をクリックする。
webサーバが正常に起動した場合以下のように表示される
起動したwebサーバに80番ポートでアクセスできた


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google