HULFT

HULFTコマンド

集配信

配信(送信)

# utlsend -f [ファイルID] [-sync]
              * -sync : 同期転送要求

再配信

異常が発生したデータから再配信を行う。

# utlsend -r [ファイルID]
# utlsend -r [ファイルID] -np  * ファイルの先頭から再配信を行う場合。

送信

配信側に送信要求コマンドを実行する。

# utlrecv -f [ファイルID]

照会

配信(送信)ファイル確認

# utllist -s

FILEID    HOST NAME  START DAY   START TIME  END TIME  RECORDS STATUS  CONNECT

DATA_ALL1 HULHOST00  2010/09/01  09:00:00    09:00:10        0 0000-0000  LAN
DATA_ALL2 HULHOST00  2010/09/01  09:00:11    09:00:15        0 0000-0000  LAN

* STATUS 0000-0000   [完了コード-詳細コード]

集信(受信)ファイル確認

# utllist -r

FILEID    HOST NAME  START DAY   START TIME  END TIME  RECORDS STATUS  CONNECT

DATA_ALL1 HULHOST00  2010/09/01  09:00:00    09:00:10        0 0000-0000  LAN
DATA_ALL2 HULHOST00  2010/09/01  09:00:11    09:00:15        0 0000-0000  LAN

配信状況表示

# utlsdisp

配信プロセスがない場合
# utlsdisp
utlsdisp:No sending now
#

集信状況表示

# utlrdisp

集信プロセスがない場合
# utlrdisp
utlrdisp:No received now
#

ファイル操作

ファイル結合


utljoin -infile {入力ファイル名} {b|t|f|m} [FormatID] -outfile {出力ファイル名} {-n|-r|-m}
    * {b|t|f|m}
      b: バイナリ形式, t: テキスト形式, f:フォーマット形式, m:マルチフォーマット形式
    * [FormatID] *{f|m}を指定した場合必須
    * {-n|-r|-m}
      -n: 新規(存在する場合エラー), -r:置き換え, -m:追加(存在しない場合は上書き)

例:
data_01 と data_02 を DATA_ALL.join ファイルに結合する。

# utljoin -infile data_01 b -outfile DATA_ALL.join -m
# utljoin -infile data_02 b -outfile DATA_ALL.join -m

内容を確認する。

# utldspfil -f DATA_ALL.join
     VERSION V05L00
  NO FILE NAME
     DATE       TIME           CODE TYPE     DATA SIZE   REC CNT   REC LEN. FILE TYPE
        BLOCK SIZE
   1 data_01
     2010/09/01 12:03:22       EUC           1233              1          0 BINARY
                 0
   2 data_03
     2010/09/01 12:05:05       EUC           1854              1          0 BINARY
                 0

ファイル分割


utlbreak -infile {入力ファイル名} [-codeset] [-shift] [-r] [-b] 
           -codeset : コードセットを指定[a|b|c|d|e|f|g]
           -r : 存在する場合は上書き
           -b : メッセージを表示しない
           -seqnbr: [1-9999] NOは結合した順番 utldspfil で確認
           -outfile: 出力ファイル名 * -seqnbr と組み合わせて使用

# utlbreak -infile DATA_ALL.join -r -b -seqnbr 1 -outfile data_01
# utlbreak -infile DATA_ALL.join -r -b -seqnbr 2 -outfile data_02

定義情報

定義情報の出力

# utligen -f /tmp/hulft.out -i {snd|rcv|job|hst|tgrp|fmt|mfmt} -id [ID]

   * snd: 配信管理情報
     rcv: 集信管理情報
     job: ジョブ起動情報
     hst: 詳細ホスト情報
     tgrp: 転送グループ情報
     fmt:  フォーマット情報
     mfmt: マルチフォーマット情報

全ての配信管理情報を出力する場合
# utligen -f /tmp/hulft.out -i snd -id "*"

定義情報の登録


utligen コマンドで出力したパラメータファイルを
読み込んで登録するコマンド。

# utliupdt -f /tmp/hulft.out [-r]

 * -r オプションを省略すると新規登録される
   既に存在するIDを再度上書きする場合は
   -r オプションをつけないとエラーになる

定義情報の削除

転送グループ GPR00 を削除する場合

# utlirm -i tgrp -id GPR00

定義情報の表示


# utlidlist -i {snd|rcv|job|hst|tgrp|fmt|mfmt} -id ID [-list] [-l] [-s|-e]

配信管理情報を表示する場合
# utlidlist -i snd -id "*"

サンプル


# utligen -f ./hulft.out -i snd -id BKFILE0*

HULFT-ID: BKFILE01,BKFILE02 の配信定義情報を 
hulft.out ファイルに出力する。

出力内容 (hulft.out) 配信定義情報

#
# ID=BKFILE01
#

SNDFILE=BKFILE01
FILENAME=/data/backup/BKFILE01.join
DBID=
TRANSTYPE=B
TRANSPRTY=50
INTERVAL=0
BLOCKLEN=4096
BLOCKCNT=3
COMP=N
JOBID=J_DEFSND
COMMENT
GRPID=GUX01
FMTID=
EJOBID=E_DEFSND
KJCHNGE=N
CLEAR=K
PASSWORD=
EXCHENGE=N
CODESET=A
COMPSIZE=0
SHIFTTRANSACT=N
PREJOBID=
END



修正した配信定義情報ファイルを更新する。
更新する場合は [-r]をつけないと既に登録されているのでエラーになる。


# utliupdt -f ./hulft.out -r



      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google