HP-UX -> LVM

HP-UX LVMディスク管理

物理ボリューム管理

物理ボリューム管理コマンド一覧

作成 # pvcreate
変更 # pvchange
表示 # pvdisplay
移動 # pvmove
削除 # pvremove

物理ボリューム作成 (pvcreate)

物理ボリュームを作成する。

# pvcreate /dev/rdsk/c0t0d0

 ※ ディスクのデータは消去される。
 ※ デバイスは raw デバイス名で指定すること。

ボリュームグループ管理

ボリュームグループ管理コマンド一覧

作成 # vgcreate	
変更 # vgchange	
表示 # vgdisplay	
削除 # vgremove	
Volume追加 # vgextend	
Volume削除 # vgreduce	

ボリュームグループ作成 (vgcreate)

ボリュームグループ名のネーミングは通常 vg00,vg01,vg02,,vg10 とするのが一般的

ボリュームグループ用のディスクを作成する
# mkdir  /dev/vg01

ボリュームグループ用のデバイスファイルを作成する
# mknod  /dev/vg01/group c 64 0x010000

 ※ c :      groupがrawデバイスである事を示す
 ※ 64:      デバイスファイルメジャー番号(固定)
 ※ 0x010000:デバイスファイルのマイナー番号
             上2桁"01"はボリュームグループの番号を付与する(のが一般的)
             16進数なのでvg10の場合は "0x0a0000"


ボリュームグループを作成する
# vgcreate /dev/vg01 /dev/dsk/c0t0d0

 ※ ブロック型デバイス名で指定する。(rawデバイスではない)

論理ボリューム管理

論理ボリューム管理コマンド一覧

作成 # lvcreate
変更 # lvchange
表示 # lvdisplay
削除 # lvremove
拡大 # lvextend
縮小 # lvreduce

論理ボリューム作成 (lvcreate)


論理ボリューム名は順番に自動採番される。(-n で指定も可能)
各ボリュームグループで最大 255 個の論理ボリュームが作成可能。
* lvol1,lvol2,lvol3,lvol4,lvol5 と採番される
* lvol5 を削除後に 作成すると、lvol6が作成されるので lvol5 を再度作成
  したい場合は -n lvol5 と指定する。

論理ボリュームの作成
# lvcreate /dev/vg01

 ※ この場合/dev/vg01/lvol1 が作成される。
 ※ -l(論理エスクステント) または -L(MB指定) オプションでサイズ指定をしない場合
   サイズは 0となる。
   ここでサイズを指定して論理ボリュームを作成すると物理ディスクを指定できない。
   物理ディスクを指定する場合は、lvextend コマンドを使用する。
 

論理ボリューム拡大(lvextend)

サイズは -l (論理エクステン数指定)または -L (MBサイズ指定)で指定する。
デフォルトの論理エクステントサイズは 4MB になっている。

 エクステントで指定: 100エクステントx4MB=400MB
# lvextend -l 100 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c0t0d0

 MBサイズで指定: 400MB
# lvextend -L 400 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c0t0d0

 複数のディスクから構成する場合
# lvextend -L 200 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c0t0d0
# lvextend -L 200 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c1t0d0


 ※ 物理ディスクは、ボリュームグループのブロック型デバイス名を指定する。
 

論理ボリュームミラー化


現在の構成:
  物理Disk     :  /dev/dsk/c1t0d0
  Volume Group :  /dev/vg01
  論理 Volume  :  /dev/vg01/lvol5

上記の構成に
  物理Disk     :  /dev/dsk/c2t0d0
  をミラー用Diskとして構築する。

物理ボリュームを作成する。
 # pvcreate /dev/rdsk/c1t0d0

ボリュームグループに追加する。
 # vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c2t0d0

論理ボリュームをミラー化する。
 # lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol5 /dev/dsk/c2t0d0

※ ミラーを解除するコマンド
 # lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol5

 # vgreduce /dev/vg01 /dev/dsk/c2t0d0  * ボリュームグループから削除する
 # pvremove /dev/rdsk/c2t0d0           * LVM物理ボリュームから削除する



先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google