HP-UX -> OVO

OVO 管理

ノード管理

ノード追加

# /opt/OV/bin/OpC/utils/opcnode -add_node \
            node_name=host01            * ノード名を指定 (/etc/hosts に登録が必要)
            node_label=host01           * 表示させるノード名称
            group_name=group01          * 登録ノードグループ名称
            net_type=NETWORK_IP         * man opcnode の net_type から選択
            mach_type=MACH_SUN_SOLARIS  * man opcnode の mach_type から選択
                                          (HTTPS-agentを使用する場合_BBC_を選択)
            layout_group=group01        * 登録ノードレイアウトグループ名称

定期ポーリングの開始


エージェントのインストールをマネージャーからではなく、エージェントで
手動インストールを行った場合は、このコマンドを実行しないと
マネージャー側でエージェントの起動・停止を監視しない。
監視しないので起動・停止に関するメッセージは表示されない。
マネージャーからインストールを行った場合は内部でコマンドが
実行されるので必要はない。

# /opt/OV/bin/OpC/opcsw -installed <node>


全ノードリストの表示

全ての登録ノードを表示する
/opt/OV/bin/OpC/utils/opcnode --list_nodes

以下のフォーマットで出力される。
====================================================================
名称         = ノード名
ラベル       = ノード名ラベル
IP アドレス  = xx.xx.xx.xxx
ネットタイプ = ネットタイプ名
マシンタイプ = マシンタイプ名
通信タイプ   = 通信タイプ名
有効な DHCP = いいえ (0x22)
====================================================================
  (全ノード分)

テンプレート管理

テンプレートのダウンロード


ダウンロードするテンプレートを以下のフォーマットで download.dsf ファイルに記述する。

※ 'テンプレート種類' "テンプレート名称"';
# cat download.dsf
'LOGFILE_TEMPLATE "LINUX_SYSLOG" ;
'MONITOR_TEMPLATE "LINUX_MONITOR" ;
#

ダウンロード実行

# /opt/OV/bin/OpC/opccfgdwn /tmp/tmpl/download.dsf /tmp/tmpl

テンプレートのアップロード

フォーマット
opccfgupld {-replace|-add} {ディレクトリ}


# /opt/OV/bin/OpC/opccfgupld -replace /tmp/tmpl

 -replace の場合アップロードファイルにない既存のテンプレートは
削除されていまうので、注意が必要。

テンプレートリストの表示

全てのテンプレートリストを表示する
# /opt/OV/bin/OpC/utils/opcnode --list_templs

以下のフォーマットで出力される。

|GRP| テンプレート階層
|MON| モニターテンプレート名
|LOG| ログファイルテンプレート名
|MSG| メッセージテンプレート名
|SCH| スケジュールテンプレート名

ノードにアサインされているテンプレートを表示する


指定したノード名にアサイン(結びずいている)されている
テンプレートを表示する。
 net_type 名はノード "opcnode --list_nodes"で出力される内容で確認する。

# /opt/OV/bin/OpC/utils/opcnode --list_ass_templs node_name="ノード名" net_type="ネットタイプ名"

以下のフォーマットで出力される。

'ノード名' に割り当てられたテンプレートとテンプレート・グループのリスト:
====================================================================
|GRP| テンプレート名
====================================================================

OVO Java GUI 使用ユーザの表示

コマンド


以下のコマンドで OVO Java GUI の使用状況が表示できる。
GUI hostname が "no more client connection"になっている場合、
プロセスが正常に終了していないので kill -9 <PID>でプロセスを強制終了させる。
Windowsのタスクマネージャーから強制終了させた場合このような状況になる場合がある。


# /opt/OV/contrib/OpC/listguis 
Open Java GUI connections:
mode PID  Operator Name    GUI hostname                  GUI Version    Since     %CPU
m    PID  opc_adm          <no more client connection>                  10:23:03  1.24
c    PID  opc_adm          opcsv01                       N/A            16:28:10  0.14
m    PID  opc_op           192.168.99.11                 N/A             1月 8日  0.20


先頭へ
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google