データベース -> ORACLE -> バックアップ

RMANデータベース作成


ネットコンフィグレーションアシスタントを起動し
画面の指示にしたがって作成する。
入力する値はデータベース名 "rman" のみその他は初期値とした。

oracle$ netca 

RMANインストール前の準備


 RMAN表領域の作成
SQL>  create tablespace rman
  2  datafile '/opt/oracle/oracle/oradata/rman/rman.dbf'
  3  size 10M autoextend on next 10M maxsize 100M;

表領域が作成されました。

SQL>


 RMANユーザの作成
SQL> create user rman identified by **** ←パスワード
  2  default tablespace rman
  3  temporary tablespace temp
  4  quota unlimited on rman;

ユーザーが作成されました。

SQL>

 リカバリカタログ用権限の付与
SQL> grant recovery_catalog_owner to rman;

権限付与が成功しました。

SQL>

 リカバリカタログ用権限の付与を確認
SQL> disc          sysユーザを disconnect 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。
SQL> conn rman    rman ユーザで接続
パスワードを入力してください: ******
接続されました。
SQL>
SQL> select * from user_role_privs;

USERNAME                       GRANTED_ROLE                   ADM DEF OS_
------------------------------ ------------------------------ --- --- ---
RMAN                           RECOVERY_CATALOG_OWNER         NO  YES NO

SQL> disc          rman ユーザを disconnect 
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。
SQL> conn sys as sysdba
パスワードを入力してください:  *****
接続されました。
SQL>

RMANインストール


リカバリカタログの作成

$ rman catalog rman/*****@rman

Recovery Manager: Release 10.2.0.1.0 - Production on 土 6月 28 14:22:12 2008

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.

リカバリ・カタログ・データベースに接続されました。

RMAN> create catalog

リカバリ・カタログが作成されました。

RMAN> register database

RMAN> quit


ターゲットデータベースの登録

書式 $rman catalog(固定) rman(ユーザ名)/***(パスワード)@rman(DB名)
           target(固定) sys(ユーザ名)/***(パスワード)@orcl(DB名)

 sys(ユーザ名)/***(パスワード)@orcl(DB名) この書式でログインする場合
それぞれのインスタンスのリスナーが起動されている事。
起動していない場合は、lsnrctl start で起動する。


$ rman catalog rman/****@rman target sys/***@orcl

Recovery Manager: Release 10.2.0.1.0 - Production on 土 6月 28 14:25:16 2008

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.

ターゲット・データベース: ORCL (データベースID=1186357884)に接続されました
リカバリ・カタログ・データベースに接続されました。

RMAN> register database;

データベースがリカバリ・カタログに登録されました。
リカバリ・カタログの完全再同期を開始しています
完全再同期が完了しました

RMAN>

対象のデータファイルを確認する

RMAN> report schema;

データベース・スキーマのレポート

永続データファイルのリスト
===========================
File Size(MB) Tablespace           RB segs Datafile Name
---- -------- -------------------- ------- ------------------------
1    480      SYSTEM               YES     /opt/oracle/oradata/orcl/system01.dbf
2    35       UNDOTBS1             YES     /opt/oracle/oradata/orcl/undotbs01.dbf
3    240      SYSAUX               NO      /opt/oracle/oradata/orcl/sysaux01.dbf
4    5        USERS                NO      /opt/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
5    100      EXAMPLE              NO      /opt/oracle/oradata/orcl/example01.dbf

一時ファイルのリスト
=======================
File Size(MB) Tablespace           Maxsize(MB) Tempfile Name
---- -------- -------------------- ----------- --------------------
1    20       TEMP                 32767       /opt/oracle/oradata/orcl/temp01.dbf

RMAN>



初期設定内容を確認する

RMAN> show all;

RMAN構成パラメータは次のとおりです:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 1; # default
CONFIGURE BACKUP OPTIMIZATION OFF; # default
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO DISK; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP OFF; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '%F'; # default
CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 1 BACKUP TYPE TO BACKUPSET; # default
CONFIGURE DATAFILE BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE MAXSETSIZE TO UNLIMITED; # default
CONFIGURE ENCRYPTION FOR DATABASE OFF; # default
CONFIGURE ENCRYPTION ALGORITHM 'AES128'; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG DELETION POLICY TO NONE; # default
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '/opt/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs
/snapcf_orcl.f'; # default

RMAN>



先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google