データベース -> ORACLE -> バックアップ

リカバリマネーシャによるバックアップ

起動とコマンド

起動

RAMN 起動

 $ORACLE_SID のデータベースに接続する場合は / を指定する。
その他のデータベースに接続する場合はデータベース名を指定する。

ora01$ rman target /

Recovery Manager: Release 10.2.0.1.0 - Production on 火 9月 11 11:13:07 2007

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.

ターゲット・データベース: RAC (データベースID=xxxxxxxxxxx)に接続されました

RMAN>

 rman を起動する場合 ORACLE_HOME を PATH の先頭に指定しないと
関係ないコマンド "/usr/X11R6/bin/ram" が実行されてしまう。

RMAN構成の管理

現在の構成内容を表示する
RMAN> show all;

リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
RMAN構成パラメータは次のとおりです:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 1; # default
CONFIGURE BACKUP OPTIMIZATION OFF; # default
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO DISK; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP OFF; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '%F'; # default
CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 1 BACKUP TYPE TO BACKUPSET; # default
CONFIGURE DATAFILE BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE MAXSETSIZE TO UNLIMITED; # default
CONFIGURE ENCRYPTION FOR DATABASE OFF; # default
CONFIGURE ENCRYPTION ALGORITHM 'AES128'; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG DELETION POLICY TO NONE; # default
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '$ORACLE_HOME/dbs/snapcf_finance.f'; # default

RMAN>

バックアップ先の指定


バックアップ先を指定しない場合、フラッシュリカバリ領域(*1)に格納される

バックアップ先を変更する場合
RMAN> CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT '/backup/%U.bk'; *2
元(フラッシュリカバリ領域)に戻す場合
RMAN> CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT CLEAR; *1 $ORACLE_HOME/flash_recovery_area *2 %U 一意ファイル名に置換される

制御ファイルのバックアップ


制御ファイルのバックアップは、以下のオプションを指定することにより取得できるが、
  RMAN> backup database include current controlfile;

自動的に制御ファイルをバックアップする場合は、以下の設定を行う。
  RMAN> CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP ON;

        戻す場合は OFF

  上記の設定の場合フラッシュリカバリ領域に格納されるので、別の場所を指定する場合は、
  RMAN> CONFIGIRE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT
        FOR DIVICE TYPE DISK TO '/backup/%F.cntrol.bk';   *1

        フラッシュリカバリ領域に戻す場合は 〜 FOR DIVICE TYPE DISK TO CLEAR

   *1 %F DBID,年月日 の一意ファイル名  制御ファイルには必須。

管理コマンド

バックアップリストを参照
RMAN> list backup;
バックアップが必要なファイルを表示
RMAN> report need backup;
データベース全体のバックアップ
RMAN> backup database;
オンラインでのデータベース全体のバックアップ
RMAN> backup database plus archivelog;
データベース全体及び制御ファイルのバックアップ
RMAN> backup database include current controlfile;
表領域のバックアップ
RMAN> backup tablespace テーブルスペース名; (複数指定の場合カンマ区切りで指定)
サーバパラメータファイルのバックアップ
RMAN> backup spfile;

データベース全体のオンラインバックアップとリカバリ

データベース全体のオフラインバックアップとリカバリ

表領域のバックアップとリカバリ

表領域のバックアップ

RMAN> backup tablespace users;

表領域のリカバリ

RMAN> SQL 'alter tablespace users offline'; RMAN> restore tablespace users; RMAN> recover tablespace users; RMAN> SQL 'alter tablespace users online';

スクリプト化

コマンドからの実行
% rman @backup_rman.txt
backup_rman.txt
RUN{
   backup tablespace users;
   backup spfile;
}
      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google