データベース -> ORACLE -> 環境構築(インストール)

Oracle RAC環境の構築2 [ClusterWareのインストール]

1.ClusterWareのインストール

インストールを前に

  インストーラの起動は、ora01 側でのみ行う。
  もう1つのノード ora02 に対してはインストーラが行う。
  この際、sshを使用するので正しく設定されていないとエラーになる。
  
  インストール中に、root 権限でスクリプトを実行するようメッセージウィンドウが
  表示されるので、両ノード ora01,ora02 で指定されたスクリプトを実行する。

  インストールに失敗した場合途中で中止して、
  両ノードで以下のディレクトリを削除して再度実行する。
  
  /opt/oracle/oraInventory
  /opt/oracle/product
  /etc/oracle

X環境起動

  インストーラはGUI起動なので、ログイン後デスクトップ画面を起動しておくこと。
  起動は oracle ユーザで起動する為、
  root でGUIを起動した場合は oracleユーザでの x起動を許可する必要がある

    # xhost +        * 全てのホストから許可する場合
    access control disabled, clients can connect from any host

    ※ # xhost + ora01  * 特定のホスト(ora01)から許可する場合

  DISPLAY変数の設定も行っておく事。

インストーラ起動

起動コマンド
# cd /tmp/clusterware
# ./runInstaller
インストーラ起動画面
ora01 での orainstRoot.shの実行
ora01# cd /opt/oracle/oraInventory
ora01# ./orainstRoot.sh
権限の変更中/opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: 770.
次のグループ名を変更します: /opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
ora01#
ora01 での root.shの実行
ora01# cd /opt/oracle/product/10.2.0/crs
ora01# ./root.sh
WARNING: directory '/opt/oracle/product/10.2.0' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle/product' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle' is not owned by root
Checking to see if Oracle CRS stack is already configured
/etc/oracle does not exist. Creating it now.

Setting the permissions on OCR backup directory
Setting up NS directories
Oracle Cluster Registry configuration upgraded successfully
WARNING: directory '/opt/oracle/product/10.2.0' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle/product' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle' is not owned by root
assigning default hostname ora01 for node 1.
assigning default hostname ora02 for node 2.
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Using ports: CSS=49895 CRS=49896 EVMC=49898 and EVMR=49897.
node :   
node 1: ora01 ora01-priv ora01
node 2: ora02 ora02-priv ora02
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
Now formatting voting device: /dev/raw/raw2
Format of 1 voting devices complete.
Startup will be queued to init within 90 seconds.
Adding daemons to inittab
Expecting the CRS daemons to be up within 600 seconds.
CSS is active on these nodes.
        ora01
CSS is inactive on these nodes.
        ora02
Local node checking complete.
Run root.sh on remaining nodes to start CRS daemons.
ora01#
ora02 での orainstRoot.shの実行
ora02# ./orainstRoot.sh
権限の変更中/opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: 770.
次のグループ名を変更します: /opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
ora02#
ora02 での root.shの実行
ora02# ./root.sh
WARNING: directory '/opt/oracle/product/10.2.0' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle/product' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle' is not owned by root
Checking to see if Oracle CRS stack is already configured
/etc/oracle does not exist. Creating it now.

Setting the permissions on OCR backup directory
Setting up NS directories
Oracle Cluster Registry configuration upgraded successfully
WARNING: directory '/opt/oracle/product/10.2.0' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle/product' is not owned by root
WARNING: directory '/opt/oracle' is not owned by root
clscfg: EXISTING configuration version 3 detected.
clscfg: version 3 is 10G Release 2.
assigning default hostname ora01 for node 1.
assigning default hostname ora02 for node 2.
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Using ports: CSS=49895 CRS=49896 EVMC=49898 and EVMR=49897.
node :   
node 1: ora01 ora01-priv ora01
node 2: ora02 ora02-priv ora02
clscfg: Arguments check out successfully.

NO KEYS WERE WRITTEN. Supply -force parameter to override.
-force is destructive and will destroy any previous cluster
configuration.
Oracle Cluster Registry for cluster has already been initialized
Startup will be queued to init within 90 seconds.
Adding daemons to inittab
Expecting the CRS daemons to be up within 600 seconds.
CSS is active on these nodes.
        ora01
        ora02
CSS is active on all nodes.
Waiting for the Oracle CRSD and EVMD to start
Oracle CRS stack installed and running under init(1M)
Running vipca(silent) for configuring nodeapps

(2)ノードでVIPアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでGSDアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでONSアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでVIPアプリケーション・リソースを起動しています...
(2)ノードでGSDアプリケーション・リソースを起動しています...
(2)ノードでONSアプリケーション・リソースを起動しています...

Done.
ora02#

インストール後の確認

olsnodes コマンドでのクラスタ状態確認
ora01$ cd /opt/oracle/product/10.2.0/crs/bin
ora01$ ./olsnodes -n
ora01   1
ora02   2
ora01$
VIPインタフェースの確認 * ora01
ora01# ifconfig eth0:1
eth0:1    Link encap:Ethernet  HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx
          inet addr:143.46.43.104  Bcast:143.46.43.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          Interrupt:11 Base address:0x1400

ora01#
VIPインタフェースの確認 * ora02
ora02# ifconfig eth0:1
eth0:1    Link encap:Ethernet  HWaddr xx:xx:xx:xx:xx:xx
          inet addr:143.46.43.105  Bcast:143.46.43.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          Interrupt:11 Base address:0x1400
ora02#
Cluster デーモン起動スクリプト
ora01# cd /etc/init.d/init.crs*
-r-xr-xr-x  1 root root  1951  9月  6 23:28 init.crs
-r-xr-xr-x  1 root root  4717  9月  6 23:28 init.crsd
ora01#

ora01# ls -l /etc/rc3.d/S96init.crs
lrwxrwxrwx  1 root root 20  9月  6 23:28 S96init.crs -> /etc/init.d/init.crs
ora01#


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google