データベース -> ORACLE -> パッチ

Oracle に適用するパッチの準備

現在のバージョンを確認する

v$version

SQL> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.2.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.2.0 - Production
CORE    10.2.0.2.0      Production
TNS for Solaris: Version 10.2.0.2.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.2.0 - Production

SQL>

CPU/PSU履歴管理


SQL> select * from registry$history;

ACTION_TIME       ACTION  NAMESPACE VERSINO    ID COMMENTS
--------------------------------------------------------------------------
10-03-29 12:00:00 UPGRADE SERVER    11.1.0.7.0    Upgraded from 11.1.0.6.0

 ※参考
registry$history の View DBA_REGISTRY_HISTORY


opatch lsinventry


$ opatch lsinventory -detail invPtrLoc=/opt/oracle/oraInventory/oraInst.loc

  ※ 省略

$


パッチをダウンロードする。

My Oracle Support サイト

画面左の最新のパッチセットをクリックする。

対象プロダクトの選択

Oracle Solaris on x86(32-bit) 10.2.0.4 を選択する。

プロダクトの詳細を入力する

Release は 10.2.0.2 を指定
Platform は Solaris on x86(32-bit) を指定
Patch Type は Any を指定
以上を入力して Go をクリック

対象のパッチリストが表示される


Patch : 5872000 を選択する

5872000 をクリックすると以下の画面が表示される
"View Readme" をクリックして 内容を確認する。
パッチ適用ツール opath のバージョンアップが必要であるか確認する。
"Download" をクリックしてパッチファイルをダウンロードする。

以上でダウンロードまで完了


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google