データベース -> ORACLE -> 管理

初期化パラメータ設定

初期化パラメータファイルと、サーバパラメータファイル

パラメータファイルはデータベースの設定を記述する。
パラメータファイルは以下の2種類あるが、
両方存在する場合はサーバパラメータファイルが優先して読み込まれる。

初期化パラメータファイル(PFILE)

・テキスト形式
・動的パフォーマンスビュー v$parameter
・SQL及びエディタで編集可能
 (動的・静的更新が可能。SQLは動的更新のみ可能)

サーバパラメータファイル(SPFILE)

・バイナリ形式
・動的パフォーマンスビュー v$spparameter
・SQLでのみ編集可能
 (動的・静的更新が可能)

初期化パラメータ値を変更する

Oracle Enterprise Manager で初期化パラメータを修正する

ブラウザで http://oracle:1158/em にアクセスする。
管理タブのデータベース構成から すべての初期化パラメータ をクリックする。


SPFile(サーバパラメータ)を変更する場合は SPFile タブをクリックすると
全ての値が変更できる。変更を反映するにはデータベースを再起動する。


初期化パラメータファイル(pfile)をエディタで修正する

初期値の場合ファイルは以下の場所にある。

初期化パラメータ:
  $ORACLE_HOME/dbs/init.ora

※ サーバパラメータはバイナリの為直接修正はできない。

SQLコマンドで修正する


サーバパラメータ
  $ORACLE_HOME/dbs/spfileorcl.ora

サーバパラメータを更新する際、以下の3種類変更方法がある。
・インスタンスへの変更(動的)
・サーバパラメータファイル(spfile)への変更(インスタンス再起動後有効)
・インスタンス及びサーバパラメータファイルへの変更

SCOPE句 オプション値は以下の通り
・インスタンス      MEMORY
・サーバパラメータ  SPFILE
・両方              BOTH

例:監査ログを無効にする


現在のインスタンス設定値を確認
SQL> show parameter audit_trail

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
audit_trail                          string      DB

SQL>


値を変更する

SQL> alter system set audit_trail=none;
alter system set audit_trail=none
                 *
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02095: 指定した初期化パラメータを変更できません。

動的に変更できない値の為、エラーとなる
SCOPE句を省略すると MEMORY(インスタンス)になるのでサーバパラメータファイルのみ
変更するよう SCOPE=SPFILE オプションを設定する。


SQL> alter system set audit_trail=none scope=spfile;
システムが変更されました。                      * scope=[spfile|memory|both]
                                                  spfile:サーバパラメータ
                                                  memory:メモリ
                                                  both:spfile&memory
                                                  # memoryは動的変更可能なパラメータのみ

この時点ではインスタンスを再起動していないので更新されていない

SQL> show parameter audit_trail

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
audit_trail                          string      DB
SQL>


インスタンスを停止する。停止時に変更内容が表示される

SQL> shutdown immediate
;
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL>   1  alter system set audit_trail=none scope=spfile
  2*
SQL>

起動する

SQL> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area  167772160 bytes
Fixed Size                  1218316 bytes
Variable Size              83888372 bytes
Database Buffers           79691776 bytes
Redo Buffers                2973696 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SQL>
SQL>

確認すると更新されている

SQL> show parameter audit_trail

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
audit_trail                          string      NONE
SQL>

初期化パラメータの確認

初期化パラメータファイル

初期化パラメータファイル(PFILE)
${ORACLE_HOME}/dbs/init.ora


サーバパラメータファイル(SPFILE)
${ORACLE_HOME}/dbs/spfile${ORACLE_SID}.ora
# strings spfile${ORACLE_SID}.ora | grep audit_trail
*.audit_trail='DB'
#

show parameter コマンドで初期化パラメータ値を表示

SQL> show parameter

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
O7_DICTIONARY_ACCESSIBILITY          boolean     FALSE
active_instance_count                integer
aq_tm_processes                      integer     0
archive_lag_target                   integer     0
asm_diskgroups                       string
asm_diskstring                       string
asm_power_limit                      integer     1
audit_file_dest                      string      /u01/app/oracle/admin/orcl/adu
                                                 mp
audit_sys_operations                 boolean     FALSE
audit_syslog_level                   string
audit_trail                          string      NONE
background_core_dump                 string      partial
background_dump_dest                 string      /u01/app/oracle/admin/orcl/bdu
                                                 mp
backup_tape_io_slaves                boolean     FALSE
bitmap_merge_area_size               integer     1048576
blank_trimming                       boolean     FALSE
buffer_pool_keep                     string
buffer_pool_recycle                  string
circuits                             integer
cluster_database                     boolean     FALSE

  ※ 以下省略

  ワイルドカードを使用する場合

SQL> show parameter audit_%

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
audit_file_dest                      string      /u01/app/oracle/admin/orcl/adu
                                                 mp
audit_sys_operations                 boolean     FALSE
audit_syslog_level                   string
audit_trail                          string      DB
SQL>

動的パフォーマンスビュー v$parameter で Audit関連の初期化パラメータを確認する

SQL>
SQL> desc v$parameter
 名前                                                  NULL?    型
 ----------------------------------------------------- -------- ------------------
 NUM                                                            NUMBER
 NAME                                                           VARCHAR2(80)
 TYPE                                                           NUMBER
 VALUE                                                          VARCHAR2(512)
 DISPLAY_VALUE                                                  VARCHAR2(512)
 ISDEFAULT                                                      VARCHAR2(9)
 ISSES_MODIFIABLE                                               VARCHAR2(5)
 ISSYS_MODIFIABLE                                               VARCHAR2(9)
 ISINSTANCE_MODIFIABLE                                          VARCHAR2(5)
 ISMODIFIED                                                     VARCHAR2(10)
 ISADJUSTED                                                     VARCHAR2(5)
 ISDEPRECATED                                                   VARCHAR2(5)
 DESCRIPTION                                                    VARCHAR2(255)
 UPDATE_COMMENT                                                 VARCHAR2(255)
 HASH                                                           NUMBER

SQL>
SQL>
SQL> select NAME,VALUE from v$parameter where NAME like '%audit%';

NAME                           VALUE
------------------------------ --------------------------------------------------
audit_sys_operations           FALSE
audit_file_dest                /u01/app/oracle/admin/orcl/adump
audit_syslog_level
audit_trail                    NONE

SQL>
SQL>

動的パフォーマンスビュー v$spparameter で Audit関連のサーバパラメータを確認する

SQL> desc v$spparameter
 名前                                      NULL?    型
 ----------------------------------------- -------- ----------------------------
 SID                                                VARCHAR2(80)
 NAME                                               VARCHAR2(80)
 VALUE                                              VARCHAR2(255)
 DISPLAY_VALUE                                      VARCHAR2(255)
 ISSPECIFIED                                        VARCHAR2(6)
 ORDINAL                                            NUMBER
 UPDATE_COMMENT                                     VARCHAR2(255)

SQL>

SQL> select name,value from v$spparameter where name like 'audit%';

NAME                           VALUE
------------------------------ ------------------------------
audit_sys_operations           FALSE
audit_file_dest                /var/tmp/orcl
audit_syslog_level
audit_trail                    db

SQL>


      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google