データベース -> ORACLE -> 環境構築(インストール)








Oracle 10g 環境の構築

必要なもの
OS:
   Linux (Miracle linux 4.0)
      http://www.miraclelinux.com/

データベース本体:
   Oracle Database 10g Release2(10.2.0) For Linux x86 30日トライアル版
     http://otn.oracle.co.jp/software/products/oracle10g/index.html


以上の環境を VMware For Servers 上で構築する。

インストール準備

OSアカウントの作成

 グループ
     oinstall ( Oracle Inventory )  oracle ユーザプライマリグループ
     oda      ( OSDBA  )            oracle ユーザセカンダリグループ
     oper     ( OSOPER )            oracle ユーザセカンダリグループ
     nobody

 ユーザ
     oracle

カーネルパラメータの調整

Oracle に関する設定値 /etc/sysctl.conf
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 2147483648
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
fs.file-max = 65536
net.ipv4.ip_local_port_range = 1024 65000
net.core.rmem_default = 1048576
net.core.rmem_max = 1048576
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 262144
※参考 MIRACLE Linuxの /etc/sysctl.conf 初期値
MIRACLE Linuxは 初期値でOracle 用にカーネルパラメータが設定されている
# Kernel sysctl configuration file for Red Hat Linux
#
# For binary values, 0 is disabled, 1 is enabled.  See sysctl(8) and
# sysctl.conf(5) for more details.

# Controls IP packet forwarding
net.ipv4.ip_forward = 0

# Controls source route verification
net.ipv4.conf.default.rp_filter = 1

# Do not accept source routing
net.ipv4.conf.default.accept_source_route = 0

# Controls the System Request debugging functionality of the kernel
kernel.sysrq = 0

# Controls whether core dumps will append the PID to the core filename.
# Useful for debugging multi-threaded applications.
kernel.core_uses_pid = 1
# added by kparam install on Mon Aug 27 15:17:11 JST 2007
# For Asianux
kernel.panic = 10

kernel.msgmnb = 65535
kernel.msgmni = 2878
kernel.sem = 256 32000 100 142
kernel.shmmax = 2147483648

fs.file-max = 131072
fs.aio-max-size = 2147483648
net.ipv4.ip_local_port_range = 1024 65000

#vm.pagecache = 10 20 30

# for 10gR2 and RAC system
net.core.rmem_max=262144
net.core.wmem_max=262144
net.core.rmem_default=262144
net.core.wmem_default=262144

シェル制限値の設定

/etc/security/limits.conf
oracle              soft    nproc   2047
oracle              hard    nproc   16384
oracle              soft    nofile  1024
oracle              hard    nofile  65536

環境変数の設定

Bash の場合 ~/.bash_profile
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_SID=orcl             インスタンス名を指定
NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC
    言語指定
         LANGUAGE_TERRITORY.CHARSET 書式で設定  (初期値:american_america.us7ascii)

       TERRITORY:
         Japan の場合の各書式
             (日付)YY-MM-DD (時刻)HH:MM:SS (数値) 桁=, 少数=.(通貨)\
                                       
       CHARSET:
         JA16EUC   日本語EUC   JA16EUCTILDE *一部環境での~文字化け対応
         JA16SJIS  シフトJIS   JA16SJISTILDE *一部環境での~文字化け対応
         UTF8       Unicode 


export ORACLE_BASE ORACLE_SID NLS_LANG

 環境変数 ORACLE_HOME は Oracle Universal Installer が
指定するパスから選択するようマニュアルに記述されているので 設定はしない事

インストール後に以下を指定

ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/10.2.0/db_1   Oracle ソフトウェアの格納先
export ORACLE_BASE ORACLE_SID ORACLE_HOME

さらに、 PATH変数に  $ORACLE_HOME/bin を追加する。

インストール

ファイルの解凍&インストーラの起動

ダウンロードしたファイル "10201_database_linux32.zip" を解凍し
解凍した database ディレクトリ配下のインストーラを起動する。
$ ./runInstaller
Oracle Universal Installerを起動中です...

インストーラ要件の確認中...

オペレーティング・システムのバージョンを確認中: 必須redhat-3,
   SuSE-9, redhat-4, UnitedLinux-1.0, asianux-1 or asianux-2
                                      問題なし

すべてのインストーラ要件を満たしています。

Oracle Universal Installerの起動を準備中 
               /tmp/OraInstall2007-06-20_02-52-58PM.お待ちください...


以降、GUI画面に従ってインストールを進める。

インストール方法の選択画面で以下の情報を入力する
内容を確認後、次へをクリック。
メモリ不足の警告が出たが、無視して次へをクリック
サマリーの確認。問題が無ければインストールをクリック
 Oracleホーム をインストール後、 .bash_profile に ORACLE_HOME 変数を指定する。
インストール開始
インストール途中のコンフィグレーションアシスタント画面
データベースの作成ウィンドウ
データベース作成完了。パスワード管理は省略
構成スクリプトの実行画面
    以下の画面が表示されたら、画面の指示に従って2つのスクリプトを実行する。
/opt/oracle/oraInventory/orainstRoot.sh の実行
# pwd
/opt/oracle/oraInventory
# ./orainstRoot.sh
権限の変更中/opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: 770.
次のグループ名を変更します: /opt/oracle/oraInventory 新規グループ名: oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
#

 (処理内容)
/etc/oraInst.loc (インベントリポインタファイル)を作成する。
※ インベントリ = Oracle製品管理目録
※ インベントリポインタファイル = インベントリの場所と管理グループを記述
※ 参考 /etc/oraInst.loc
inventory_loc=/opt/oracle/oraInventory
inst_group=oinstall
/opt/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh の実行
# pwd
/opt/oracle/product/10.2.0/db_1
# ./root.sh
Running Oracle10 root.sh script...

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /opt/oracle/product/10.2.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
#
(処理内容)
oratabファイル (/etc/oratab) 
ORACLE_HOME , ORACLE_SID 及び dbstart , dbshut での
起動・停止実行対象とするかを指定する。

※ 参考 /etc/oratab
orcl:/opt/oracle/db:Y

 インストール後 第3フィールドは N になっているので
自動起動する場合は Y に変更する。

構成スクリプトの実行画面に戻り、OK をクリックする。
コンフィグレーションアシスタント画面が進行し、完了となる。
インストール完了画面


先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google