データベース -> ORACLE -> 環境構築(インストール)

Oracle 10g インストール後の設定&動作確認

oracle自動起動設定

自動起動スクリプト /etc/init.d/dbora を使用する。

起動 On/Off の設定は chkconfig を使用する。
#
# chkconfig --list dbora
dbora           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
#
# chkconfig dbora on   自動起動を On に変更
#
# chkconfig --list dbora
dbora           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
#
dboraスクリプトの起動させるプロセスを設定する

/etc/init.d/dbora の start 及び stop パラメータ部分

初期値では インスタンス及び リスナーが起動対象になっている
コンソールを起動させたい場合は $ORA_HOME/bin/emctl をコメントアウトする。


'start')
    if [ -f $SUBSYS ]; then
        echo $0 already started.
        exit 1
    fi
    dbora_init
    # Start the Oracle databases:
    su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbstart"   インスタンスの起動
    su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl start"   リスナーの起動
    # Start Intelligent Agent and Oracle Management Server
    # --- for Oracle9i ---
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/agentctl start"
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/oemctl start oms"
    # --- for Oracle Database 10g ---
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/emctl start dbconsole" コンソール起動用
    # --------------------
    # Start the Oracle HTTP Server
    # This is a BUG workaround. $ORACLE_HOME/Apache/Jserv/etc
    # /jserv.properties needs DISPLAY.
    # test -z "$DISPLAY" && export DISPLAY=":60000.0"
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/Apache/Apache/bin/apachectl start"
    # --------------------
    touch $SUBSYS
    ;;

'stop')
    if [ ! -f $SUBSYS ]; then
        echo $0 already stopped.
        exit 1
    fi
    dbora_init
    # Stop Intelligent Agent
    # --- for Oracle9i ---
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/agentctl stop"
    # --- for Oracle Database 10g ---
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/emctl stop dbconsole"   コンソール停止用
    # --------------------
    # Stop the Oracle HTTP Server
    # su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/Apache/Apache/bin/apachectl stop"
    # --------------------
    # Stop the Oracle databases:
    su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl stop"   リスナーの停止
    su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbshut"   インスタンスの停止
    rm -f $SUBSYS
    ;;

oracle起動設定


 /etc/oratab ファイルを以下の通り修正し、
 システム起動時にインスタンスが、自動で起動するように設定する。
 
 インスタンス起動スクリプト $ORACLE_HOME/bin/dbstart から /etc/oratab ファイルを
 参照し、3番目のパラメータが "Y" の場合のみ起動する。
 
 ただし、dbstart (起動) 及び dbshut (停止) を スタートアップスクリプトに記述しなければ
 自動起動はしない。
/etc/oratab ファイルの修正

# This file is used by ORACLE utilities.  It is created by root.sh
# and updated by the Database Configuration Assistant when creating
# a database.

# A colon, ':', is used as the field terminator.  A new line terminates
# the entry.  Lines beginning with a pound sign, '#', are comments.
#
# Entries are of the form:
#   $ORACLE_SID:$ORACLE_HOME::
#
# The first and second fields are the system identifier and home
# directory of the database respectively.  The third filed indicates
# to the dbstart utility that the database should , "Y", or should not,
# "N", be brought up at system boot time.
#
# Multiple entries with the same $ORACLE_SID are not allowed.
#
#
# orcl:/opt/oracle/product/10.2.0/db_1:N   修正前
orcl:/opt/oracle/product/10.2.0/db_1:Y     修正後

環境変数の設定

インストール時に指定しなかった $ORACLE_BASE を設定する。
~/.bash_profile

ORACLE_BASE=/opt/oracle
ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/10.2.0/db_1
ORACLE_SID=orcl

PATH=$PATH:$ORACLE_BASE/bin:

export PATH ORACLE_BASE ORACLE_HOME ORACLE_SID

起動スクリプトからのインスタンス起動

インスタンスの起動
oracle$ cd $ORACLE_HOME/bin
oracle$ ./dbstart

isql*PLUSからのインスタンスの起動

isql*PLUSの起動

$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on Wed Jun 20 17:34:30 2007

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.

SQL>

SYSDBA権限ユーザでのログイン

SQL> connect SYS as SYSDBA
Enter password:
Connected to an idle instance.
SQL>

データベース(インスタンス)の起動

SQL> startup
ORACLE instance started.

Total System Global Area  167772160 bytes
Fixed Size                  1218316 bytes
Variable Size              83888372 bytes
Database Buffers           79691776 bytes
Redo Buffers                2973696 bytes
Database mounted.
Database opened.
SQL>

データベース(インスタンス)の起動確認

SQL> select status from v$instance;

STATUS
------------
OPEN

SQL>
リスナーが起動していない場合は手動で起動させる

その他プロセスの起動手順

リスナーの起動

リスナー起動スクリプト
oracle$ cd $ORACLE_HOME/bin
oracle$ lsnrctl start 
oracle$
oracle$ ps -ef | grep lsnr
oracle    4594     1  0 18:05 ?  /opt/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/tnslsnr LISTENER -inherit
oracle$ 

EMC Enterprice Management Console の起動

oracle$ cd $ORACLE_HOME/bin
oracle$ emctl start dbconsole
oracle$ 
$ emctl start dbconsole
TZ set to Japan
Oracle Enterprise Manager 10g Database Control Release 10.2.0.1.0
Copyright (c) 1996, 2005 Oracle Corporation.  All rights reserved.
http://oracle02:1158/em/console/aboutApplication
Starting Oracle Enterprise Manager 10g Database Control .......... started.
------------------------------------------------------------------
Logs are generated in directory /opt/oracle/product/10.2.0/db_1/oracle02_orcl/sysman/log
oracle$

EMCへアクセス

    http://ホスト名:1158/em へアクセスする。

    EMC手順参照
先頭へ

      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google