Unix全般 -> コマンド

cronコマンド

コマンドオプション
# crontab -l   * 登録内容の表示
# crontab -e   * 編集
# crontab -r   * 全削除
EDITOR変数の指定
EDITOR変数が指定されていないと編集できない
EDITOR=vi
export EDITOR

ex) EDITOR変数が設定されていない場合
# crontab -e
562
Ctrl+Dで終了させる
フォーマット

分 時 日 月 曜日 コマンド

* * * * *          分間隔で実行
0 * * * *          毎時0分に実行
0 9 * * *          毎日9:00に実行
0 9,12,15 * * *    毎日9:00,12:00,15:00に実行
0 8,20 * * 1-5     月-金(1-5)8:00,20:00に実行
0 9 1 4,6,9,12 *     4,6,9,12月の1日 9:00 に実行

* 月-土の20:00にバックアップを実行するスクリプトを実行
0 20 * * * 1-6 /opt/script/backup.sh

* 月-土の20:00に/export/data のバックアップをコマンドで取得する
0 20 * * * 1-6 cd /export; tar cvf - data | compress > /export/backup/data.tar.Z

* ファイル名に日付を指定する場合  ex) data_20081023.tar.Z
  cronで%Y%m%d を指定する場合 %をエスケープする \%Y\%m\%d   (solarisの例)
0 20 * * * 1-6 cd /export; tar cvf - data | compress > /export/backup/data_`date +%Y%m%d`.tar.Z

ログ
/var/cron/log  (solaris)

cronでのumask値について

 cron起動した場合umask値は022と固定されているので、
 ユーザ(root)のumask値が027であっても022でファイル・ディレクトリが作成されてしまう。
 umask値を022以外にした場合は、
 実行するスクリプト等で明示的に umask 027 等指定する必要がある。


      Document-Folder          一覧
HP-UX
HULFT
JAVA
JP1
JavaScript
Linux
MAC
PHP
Perl
Python
Ruby
SOA
Solaris
Unix全般
Windows
XML
エクセル
スタイルシート
セキュリティー
データベース
ネットワーク
パソコン
ブラウザ
プログラム構文
仮想化
          RSS-Folder
ニュース
   アットマーク・アイティ(@IT)
   シンクイット(ThinkIT)
   インターネットコム
   インターネットウォッチ
   日経IT-Pro
   日経パソコン
   CNET Japan
   ZD-NetJapan
   MYCOM
   RBB-Today
ベンダー
   日本IBM
   日本HP
   サンマイクロシステムズ
   NEC
   富士通
   日立
ソフトウェア
   マイクロソフト
   トレンドマイクロ
   オラクル
   サイボウズ
   Mozilla
   野村総合研究所
   (その他ソフトウェア企業)
更新履歴 一覧
 07/08 PERF
プログラム構文
 07/07 PERF
プログラム構文
 06/25 オブジェクトプログラミング2
Perl>サンプル
 07/12 クローン作成
仮想化>vCenter
 07/12 vyatta設定
ネットワーク>vyatta
 07/12 vyattaインストール
ネットワーク>vyatta
 07/12 リポジトリサーバ
Linux>サーバ構築
 07/05 VMwareのインストール
仮想化>VMware
 07/05 PXEブート
仮想化>KVM
 07/01 DHCPでのPXEブート
仮想化>KVM
 06/27 qcow2仮想DISK作成
仮想化>KVM
 06/13 NWの設定
仮想化>VMwareEsxi
 06/13 IPアドレスの変更
仮想化>VMwareEsxi
 06/12 自動ssh
Unix全般>シェル>Bash
 06/12 diffプログラミング
Python
Google